ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ

ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ

語り/米澤鐡志

文/由井りょう子

本体570円 + 税

読む

内容紹介

伝えたい少年原爆体験記。11歳のヒロシマ。

 広島に原爆が落とされたのは、1945年8月6日でした。11歳の米澤鐡志さんは、爆心から750メートルの電車内で母親と一緒に被爆します。母親は9月に亡くなり、母乳を飲んでいた1歳の妹は10月に亡くなります。
 この本は、米澤少年の目で見た、8月6日その日のことと、その後何が起こったか、という記録です。

 ブラウスが突然発火して、体が焼け始める女性、皮膚が布地のように垂れ下がって、幽霊のように見えた人たち、防火水槽に飛び込んで亡くなっている赤ちゃんを抱いた女性、川を流れていくたくさんの死体。
 11歳の少年が見た光景を、読者も知ることになります。

 「どんなにつらい記憶でも、知らないよりは知ったほうがいいと私は思います。本書は読むのも苦しい内容ですが、きっと未来のための知恵を与えてくれるでしょう」(京都大学原子炉実験所 小出裕章さんによる「はじめに」より)。

 原爆や核についてお子さんと考えるとき、最適の1冊です。

同じジャンルの書籍から探す

逆説の世界史1 An Upside-Down History of the World vol.1 “The Rise and Fall of Ancient Egypt and Confucian China” ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論平成29年〜増補改訂版〜 下巻 しらゆきひめ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜 世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団 ダレン・シャン4 バンパイア・マウンテン 世界史としての日本史(小学館新書) 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン ゼロの執行人 起業家2.0 ルポ 中国「潜入バイト」日記(小学館新書) 怒らないクスリ 専門医が語る、心が楽になる処方せん(小学館101新書) 偉人たちの死亡診断書 デリヘルはなぜ儲かるのか 中国不要論(小学館新書) 養子でわくわく家族 A Story of Blessed Adoption 特別活動でみんなと創る 楽しい学校 小学館ジュニア文庫 人間回収車〜絶望の果て先〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 6/1 金曜日
  • STYLE ~男のファッションはボクが描いてきた~/綿谷寛
  • 宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』/宮尾登美子