一九四四年の大震災——東海道本線、生死の境

一九四四年の大震災——東海道本線、生死の境

西村京太郎

本体720円 + 税

読む

内容紹介

太平洋戦争の悪行を、21世紀の今暴く!

 浜名湖の湖岸にある「フジタ浜名湖地震津波研究所」のビルが炎上し、そこから男の焼死体が発見された。男は、主宰者の藤田武。妻の美里には、何のために武が死んだのか分かっていた。
 時代は一気にさかのぼり、太平洋戦争の末期。武の祖父徳之助は、「フジタ地震津波研究所」をつくり、息子の健太郎とともに研究をしていた。
 米軍による日本本土への空襲が勢いを増す中、敗色濃い戦時下に政府、軍部が国民に強いたものは、言論統制、報道管制だった。その圧制下にあって大地震・津波の襲来を予知し、警鐘を鳴らそうとしたのが藤田親子だった。
 ついに、1944年12月7日に大地震が東海地方を襲った。後に言われる昭和東南海地震である。これが次の大地震を誘発すると警告する藤田親子を、当局は拘留し迫害した。そして、翌年1月13日には三河地震が起こったのだった。しかしながら、徳之助は鉱山に、健太郎は沖縄戦線に送り込まれ、徳之助は行方不明に。それを命令したのが、川崎憲兵隊長だった。
 戦争での悪行を暴くために、戦後、藤田健太郎と武は、それぞれの時代に動き始めた——。

同じジャンルの書籍から探す

ぼくたちと駐在さんの700日戦争17 口中医桂助事件帖6 想いやなぎ 中上健次 電子全集12『オルガナイザー中上健次の軌跡』 君のいない町が白く染まる 俺が近所の公園でリフティングしていたら 伴侶の偏差値 大江戸恐龍伝 六 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖3 化人の剣客 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第2話 赫翼(かくよく)の天使(1) ニャンコ、戦争へ 利休椿 江戸川乱歩 電子全集10 ジュヴナイル第1集 鍬ヶ崎心中 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖55 光り物 エルメスの手 開高健電子全集完結記念写真集 誰も見たことのない開高健

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 5/22 火曜日
  • めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則/横山光昭

2018 5/25 金曜日
  • 50才からが"いよいよ"モテるらしい 神話「フランス女」/長坂道子
  • 俺、つしま/おぷうのきょうだい(著・作)
  • 平成史/佐藤優(著)片山杜秀(著)
  • 刑事の血筋/三羽省吾
  • 山口瞳 電子全集20 1979~1980年『兆治』/山口瞳