社会の抜け道

社会の抜け道

著/古市憲寿

著/國分功一郎

本体1360円 + 税

読む

内容紹介

私たちの日常の中にある「抜け道」を探して。

“怒る”哲学者・國分功一郎と“煽る”社会学者・古市憲寿が、ショッピングモール、自給自足のコミューン、保育園など「社会の現場」に行って、考えて、とことん語り合う! 1年以上に及ぶ、ふたりの思考の軌跡。

◎IKEAやコストコなどショッピングモールになぜ人は引きつけられるのか
◎自分の心の悩みや不満を醸成する装置としてのネトウヨ的デモ
◎選挙に行っても選択肢がないと感じるのはなぜか
◎自給自足生活のコミューンに「リアル」はあるのか
◎シングルファザーとしての経験から「保育園」を語る
◎これからのブームは、リタイア組の「自分探し」
◎ガラッと変わる世の中はいびつ。半径1メートルの革命でいい

ダウンシフターズ(減速生活者)、消費社会、新自由主義、デモ、ネトウヨ、脱原発、専業主婦志望、ワークライフバランス、イクメンと保育園、少子化、水戦争、食欲と性欲、インターネットとソーシャルメディア、住民投票――
こんなにも豊かなのに、閉塞感がたちこめるこの現代を私たちはどう生きていくのか、生きるって何が楽しいのか、楽しむためには何が必要なのか。様々なキーワードから、私たちの日常の中にある「抜け道」をふたりの論客が探る。

同じジャンルの書籍から探す

虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり 高学歴モンスター 〜一流大学卒の迷惑な人たち〜(小学館新書) 石巻赤十字病院の100日間 増補版 テレビじゃ言えない(小学館新書) 黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」 ふろしきのココロ JAPANESE MODERN ECOLOGY STYLE FUROSHIKI 宮崎駿の平和論 ジブリアニメから学ぶ(小学館新書) お墓の大問題(小学館新書) これが結論!日本人と原発(小学館101新書) 昭和天皇は何と戦っていたのか 『実録』で読む87年の生涯 侵略する豚 だから政治家は嫌われる 海のクライシス〜地球環境〜 科学学習まんが クライシス・シリーズ 池上彰の世界の見方 ドイツとEU〜理想と現実のギャップ〜 東京五輪後の日本経済 〜元日銀審議委員だから言える〜 森のクライシス 科学学習まんが クライシス・シリーズ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 6/1 金曜日
  • STYLE ~男のファッションはボクが描いてきた~/綿谷寛
  • 宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』/宮尾登美子