原発は“安全”か〜たった一人の福島事故報告書〜

原発は“安全”か〜たった一人の福島事故報告書〜

竹内純子

本体900円 + 税

読む

内容紹介

原発再稼働の現状と課題が一目瞭然に。

 各地で再稼働の手続きが進められている原子力発電所は本当に安全になったのか。推進派と反対派の対立が政治、司法の場で先鋭化するなかで、肝心の安全対策の是非は冷静に論じられているとは言えない。2011年に福島第一原発で何が起きたのかを改めて詳細に分析し、その後策定された規制新基準が原発をどこまで安全にしたのか、何が課題として残されているのかを専門家への取材を元に明らかにする。
 いわゆる“原子力村”の論理とは一線を画し、一方で原子力を放棄した場合のエネルギー問題にも光を当てることで、「絶対安全」という“神話”にとらわれない安全思想の落としどころを探っていく。
 著者は元東電社員であり、現在は国際環境経済研究所理事・主席研究員として環境・エネルギー政策に関わり、国連気候変動枠組条約交渉にも参加している。ほかに21世紀政策研究所「原子力損害賠償・事業体制検討委員会」副主査、筑波大学客員教授。
「事故を招いた枠組みや構造を根本から変え、安全神話につながるどんな小さな芽も排除することができなければ、我が国において原子力技術を利用することはもう許されないでしょう」——本書「はじめに」より

【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

同じジャンルの書籍から探す

マンションは学区で選びなさい(小学館新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第20号 原敬 安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密 池上彰と学ぶ日本の総理 第14号 伊藤博文 北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか(小学館101新書) 池上彰の世界の見方 アメリカ〜ナンバーワンから退場か〜 日本人の値段〜中国に買われたエリート技術者たち〜 ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論平成29年〜増補改訂版〜 下巻 昭和天皇は何と戦っていたのか 『実録』で読む87年の生涯 これが結論!日本人と原発(小学館101新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第19号 山本権兵衛/寺内正毅 47都道府県の偏差値 社会の抜け道 魚が食べられなくなる日(小学館新書) 世にも恐ろしい中国人の戦略思考(小学館新書) 池上彰と学ぶ日本の総理 第4号 佐藤栄作

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 4/27 金曜日
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行1/森敦(著)藤沢周平(著)円地文子(著)杉浦明平(著)飯沢匡(著)永岡慶之助(著)奈良本辰也(著)北畠八穂(著)杉森久英(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行2/更科源蔵(著)三浦朱門(著)土橋治重(著)笹沢左保(著)陳舜臣(著)藤原審爾(著)江崎誠致(著)戸川幸夫(著)大城立裕(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行3/井上ひさし(著)武田八洲満(著)杉本苑子(著)山本茂実(著)水上勉(著)村上元三(著)岡本好古(著)福田善之(著)青地晨(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行4/長部日出雄(著)五味康祐(著)尾崎秀樹(著)戸部新十郎(著)永井路子(著)邦光史郎(著)神坂次郎(著)北条秀司(著)田中千禾夫(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶3/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶4/富島健夫
  • 山口瞳 電子全集19 1978~1979年『血族』/山口瞳