池上彰の世界の見方 中東〜混迷の本当の理由〜

池上彰の世界の見方 中東〜混迷の本当の理由〜

池上彰

本体1260円 + 税

読む

内容紹介

中東情勢の基本が驚くほどよくわかる。

国際紛争の震源地ともいえる中東。
イスラム過激派によるテロが頻発し、大勢の難民が欧州に流入。
なぜこんなことになってしまったのか?
その答えを見いだすには、歴史のどの地点から見直せばよいのか?
池上さんは、現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から振り返るとわかりやすい、と言います。
自称「イスラム国」(IS)が誕生して世界でテロが頻発するようになるまで、約40年の間に何があったのか? 
大国の身勝手、イスラム教の宗派対立、土地や資源をめぐる争い。
理解しがたい中東の真実が、池上さんによって鮮やかに解説されます。
本書は、池上彰が選ぶ独自のテーマで、世界の国と地域を解説する『池上彰の世界の見方』シリーズの4冊め。
中東とイスラムの基礎・基本がよくわかります。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

世界遺産ビジネス(小学館新書) 韓国「反日街道」をゆく〜自転車紀行1500キロ〜 知らぬは恥だが役に立つ法律知識(小学館新書) 逆説の日本史19 幕末年代史編2/井伊直弼と尊王攘夷の謎 金子みすゞ ふたたび 僕らが愛した手塚治虫 2 エアー2.0 女政治家の通信簿(小学館新書) 書くインタビュー 3 高学歴モンスター 〜一流大学卒の迷惑な人たち〜(小学館新書) 思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33(小学館新書) メタルカラーの時代14 クールアースの創世記 日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 下巻 世界が感動する日本の「当たり前」(小学館新書) 漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 6/22 金曜日
  • 「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート/大越健介
  • 消された信仰~「最後のかくれキリシタン」―長崎・生月島の人々~/広野真嗣
  • 山口瞳 電子全集21 1981~1982年『草競馬流浪記』/山口瞳
  • 【カラー】コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編/井沢元彦(著)千葉きよかず(まんが)