絶望している暇はない〜「左手のピアニスト」の超前向き思考〜

絶望している暇はない〜「左手のピアニスト」の超前向き思考〜

舘野泉

本体900円 + 税

読む

内容紹介

奇跡のピアニストが奏でる35の言葉。

“左手のピアニスト”として知られる舘野泉。80歳を超える今も、国内外で年間50回近くのコンサートを行う現役の奏者である。

 舘野泉の身に異変が起こったのは、2002年1月のことだ。在住するフィンランド・ヘルシンキでのリサイタル中、脳溢血で倒れ、右手の自由を失ってしまう。
 しかしわずか2年のち、左手だけで演奏を行うスタイルで復帰を遂げたのだ。

『目の前に大海原が現れ、うねり、ぶつかり、音が香り、咲き、爆ぜて飛沫をあげているような、そんな感覚になりました。ピアノに向かうと、左手一本で弾いているのに、音が立ち上がってきた。僕の前に、「左手の音楽」という新しい世界が開けてきました。
 自分はこれでまた、変わらず音楽ができる。僕を閉じ込めていた厚い氷が融け、一瞬にして光溢れる世界に戻って来たのです』(本書より)

 舘野泉は、どんなときも絶望しない。むしろ、不自由や困難があっても、それは自分の知らないこと——つまり、新しい体験だから面白いのだという。
長期に及んだリハビリですら心の底から楽しんだと語る、舘野泉の言葉は、常に前向きで、新しい世界に対する好奇心にあふれている。

※この作品は一部カラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

赤塚不二夫120% 前田義子の強運に生きるワザ たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場(小学館新書) JAZZ VOCAL COLLECTION TEXT ONLY 13 チェット・ベイカー ヒルズな人たち IT業界ビックリ紳士録 「正しい」とは何か? 武田教授の眠れない講義 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 メタルカラーの時代7 デジタル維新の一番走者 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか(小学館101新書) 三浦綾子 電子全集 あさっての風-あなたと共に考える人生論 「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書) 50オトコはなぜ劣化したのか(小学館新書) 谷啓 笑いのツボ 人生のツボ 死ぬという大仕事 うさたまのオバ化注意報 佑樹 家族がつづった物語

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 11/24 金曜日
  • 頭の決まりの壊し方/小池龍之介
  • おめでたい女/鈴木マキコ
  • 江戸川乱歩 電子全集17 随筆・評論第2集/江戸川乱歩
  • 山口瞳 電子全集14 1969年 『なんじゃもんじゃ』/山口瞳
  • 久松郁実 Juicy Body/樂満直城