書くインタビュー 3

書くインタビュー 3

著/佐藤正午

聞き手/東根ユミ

本体600円 + 税

読む

内容紹介

僕はお金欲しさに小説書いてるんじゃない!

「作家はいざパソコンを前にキーボードを打ちはじめると──いったん物を書く現場の時間の流れに入ってしまうと──原稿料のことなど忘れてしまいます。自分が書いている原稿を、より良いもの、より読ませるものにするために頭を使います。エッセイでも書評でもそして小説でも、何でもおなじです。
 読まれ方はどうあれ、書くほうは、何を書くにも絶対に力を抜いたりはしないんです。そうしないと物を書く張り合いがないからです。力を抜いたりすると、抜いたとたんに、物を書くことに何の面白みも見出せなくなるからです」(本文より)

20年ぶりに長編小説の書き下ろしを始めた作家。
連載ではなく、「書いても書いても原稿料を貰えない」現場では、自身の台所事情とは別に、「小説を書くこと」について、いろいろと思うところも——。

最新作『月の満ち欠け』の執筆開始から第一稿完成までとまったく同じ時期、小説名人・佐藤正午が語っていた、「小説を書くこと」についてのすべて。

同じジャンルの書籍から探す

ウォールデン 森の生活 下 おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 がんの花道 患者の「平穏生」を支える家族の力 九十歳。何がめでたい 開高 健 電子全集12 ロマネ・コンティ・一九三五年/紙の中の戦争 歴史を「本当に」動かした戦国武将(小学館101新書) 日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 ポスト・サピオムック 習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望 面白いほど宇宙がわかる15の言の葉(小学館101新書) 黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」 文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書) 富美男の乱 暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと つばさよつばさ 抗争(小学館101新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 2/23 金曜日
  • しょったれ半蔵/谷津矢車
  • チーズの教本2018 ~「チーズプロフェッショナル」のための教科書~/チーズプロフェッショナル協会
  • 俳句、やめられません~季節の言葉と暮らす幸せ~/岸本葉子
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行1/森敦(著)藤沢周平(著)円地文子(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行2/更科源蔵(著)三浦朱門(著)土橋治重(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶1/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶2/富島健夫
  • 山口瞳 電子全集17 1974~1975年『礼儀作法入門』/山口瞳
  • 江戸川乱歩 電子全集19 随筆・評論集第4集/江戸川乱歩