いのちの使いかた【新版】

いのちの使いかた【新版】

日野原重明

本体510円 + 税

読む

内容紹介

生涯現役、積極的に生きるための道しるべ。

 2017年7月18日に105歳と9か月で亡くなられた著者の日野原重明先生。100歳を越えてなお、「積極的に生きる喜び」にあふれる生涯現役の奥義をつづった『いのちの使いかた』が新版として文庫化されました。
 だれかの役に立つということは、自分という存在そのものが生かされるということ。いのちという時間の最上の使いかたを、日野原先生が数多の経験と出会いを通して学んできたことを余すことなく教えてくれます。
 年齢にかかわらず前向きに生きるための姿勢を提唱し、次世代に平和といのちの大切さを伝えていくことを使命とされた日野原先生。その活動と心境には、チャレンジングに生きる人生への向き合い方と幸せ感を持って生きるための知恵にあふれています。
 「人生は失敗ばかり、後悔ばかり、という人ほどいのちの使いかたがあるのです」「やろうと思うだけでは、やらないことと同じです。行動こそが勝負です」「予期せぬ災難に見舞われることが不幸なのではなく、そのときに、希望を見失ってしまうことが不幸なのです」——人生を変える希望のメッセージが心にしみわたり、生きる意味に気づかされる珠玉の一冊です。

※この作品は過去に単行本として配信されていた『いのちの使いかた』 の文庫版となります。

同じジャンルの書籍から探す

夜回り先生と夜眠れない子どもたち 三浦綾子 電子全集 愛すること信ずること 逆説の日本史12 近世暁光編/天下泰平と家康の謎 文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書) 鉄人衣笠 世界が感動する日本の「当たり前」(小学館新書) 尾崎豊 覚え書き 三浦光世 電子選集 希望は失望に終わらず−綾子からのメッセージ− 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 巻き込む力 すべての人の尊厳が守られる世界に向けて 生きる〜俳句がうまれる時〜 鬼降る森 “町内会”は義務ですか? ~コミュニティーと自由の実践~(小学館新書) 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 上巻 たき火をかこんだがらがらどん 幻の黒船カレーを追え 絶望裁判5 〜監禁・偽装・ストーカー〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 10/26 金曜日
  • 今の私は/後藤真希
  • アドラー式働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本/熊野英一
  • すべての道は役者に通ず/春日太一
  • 役者は一日にしてならず/春日太一
  • クラシック リバイバル 女人追憶9/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶10/富島健夫
  • 学園ゴーストバスターズ ~夏のおもいで~/三國青葉(著)トミイマサコ(イラスト)
  • 僕の耳に響く君の小説/安倍雄太郎(著)げみ(イラスト)
  • シン・浪費図鑑/劇団雌猫
  • 山口瞳 電子全集25 1989~1992年『旅する人よ』/山口瞳