チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書)

チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書)

松上京子

本体500円 + 税

読む

内容紹介

本当のバリアフリー社会ってどんな姿なんだろう?

「20代半ばに思いがけずチェアウォーカーとしての旅をはじめたが険しくて前に進めないと思っていたのは最初だけ。恐れずに少しずつ歩いていくと、道は平坦ではないにしろ、いや実際、起伏に富んではいたが、とても楽しいものだった」
「チェアウォーカーとしての旅は、小さきもの弱きものに優しさを向けることや、今、一瞬の大切さを知ること、まわりの人への感謝の気持ちなどを教えてくれた。足で大地を踏みしめなくても、どんな歩みであっても人生は、生きるに値するものだと教えてくれた」(本文より)
著者の松上京子さんは和歌山県田辺市のミカン農家の生まれ。26歳のときにおきたオートバイ事故で車椅子生活となるが、持ち前のがんばり精神でオレゴン大学留学、カナダ・ユーコン川のカヌー下りなどを実現。34歳で結婚してからは、11歳と8歳の2児の母親として奮闘の日々を送っている。月刊edu誌上で「さよちゃんのママの子育て日記-いってきますただいま!」を連載。講演で各地を飛びまわりながら、岡山理科大学講師もつとめる。
著書に『車椅子から青空が見える』、『さよちゃんのママは車椅子』ともに小学館刊がある。 

同じジャンルの書籍から探す

電脳のサムライたち2 孫正義 インターネット財閥経営4 教師 宮沢賢治のしごと 倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) 日本語を使う日々 戦中派復興日記 戦国力 逆境を生きるということ ざこ検事件簿 罪作りな人々 三浦綾子 電子全集 光あるうちに ―道ありき 第三部 信仰入門編 思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33(小学館新書) 私たちには物語がある 「言霊(コトダマ)の国」解体新書 5分で「やる気」が出る賢者の言葉 「プチ鬱」から脱け出す33の技術(小学館101新書) P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記 三浦綾子 電子全集 命ある限り 世界音痴 ヒルズな人たち IT業界ビックリ紳士録

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 9/26 火曜日
  • 教場0 ~刑事指導官・風間公親~/長岡弘樹

2017 9/29 金曜日
  • 武器としての経済学/大前研一
  • 東京五輪後の日本経済 ~元日銀審議委員だから言える~/白井さゆり
  • ワクワクだけで年商30億円 ~たった5年でパリコレ進出&30億円ブランドの夢を叶えたワケ~/LICA(著)高坂ゆう香(著・まんが)
  • 海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~/森沢明夫
  • 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール/竹宮惠子
  • 「0から1」の発想術/大前研一