「奨学金」地獄(小学館新書)

「奨学金」地獄(小学館新書)

岩重佳治

本体780円 + 税

読む

内容紹介

知らずにはすまされない奨学金の実態。

今や大学生の2人に1人は奨学金利用者です。その背景には、格差や貧困の拡大で親の経済的援助を受けられない学生の急増と、学費の高騰があります。国立大学の年間授業料は、1971年が1万2000円だったのに対し、昨年度は約54万円、初年度納付金は80万円を超えます。多くの学生は奨学金を借り、生活のためにバイトに明け暮れ、そして数百万円の借金(奨学金)を抱えて卒業するのです。しかし、今は3人に1人は非正規雇用という時代です。生活するのさえ苦しく、奨学金を返したくても返せない人が増えています。一方、2004年に日本育英会から変わった日本学生支援機構の奨学金制度は、金融事業になってしまいました。返済が3ヶ月滞ると金融機関の「ブラックリスト」に入ります。4ヶ月滞納で「サービサー」と呼ばれる債権回収会社の回収が始まり、9ヶ月で裁判所を通じた支払督促がきます。中高年の人の記憶にある、育英会時代ののどかな奨学金とは別物なのです。本書は、返済苦にもがいている人の実例をもとに、今の奨学金制度が抱えている問題点、返済に困った時の救済手段などを、長年この問題に取り組んできた弁護士である著者が詳細に解説します。

同じジャンルの書籍から探す

逆説の日本史15 近世改革編/官僚政治と吉宗の謎 自衛隊が危ない(小学館101新書) クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 貧格ニッポン新記録(小学館101新書) 28人の幸せ離婚〜あなたに似た彼女〜 第九回 コンビニ店長の残酷日記(小学館新書) 電脳のサムライたち1 西和彦とその時代2 お墓の大問題(小学館新書) 太平記鬼伝—児島高徳 大震災でわかった学校の大問題(小学館101新書) がん難民コーディネーター かくして患者たちは生還した(小学館101新書) 東日本大震災 復興応援写真集 3・11以前 美しい東北を永遠に残そう 仕事師たちの平成裏起業 倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) 池上彰の世界の見方 アメリカ〜ナンバーワンから退場か〜 ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう〜介護げなげな話〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 3/3 金曜日
  • 認知症介護――介護困難症状別ベストケア50/本間昭(著)六角僚子(著)六角僚子(著)
  • 池上彰と学ぶ日本の総理 第14号 伊藤博文/「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部(編)