早稲田と慶應の研究(小学館新書)

早稲田と慶應の研究(小学館新書)

オバタカズユキ

本体820円 + 税

読む

内容紹介

私学の二大巨頭をあらゆる角度から徹底比較。

「早稲田といえば政経、慶應といえば経済」——そんな親世代の常識はもう古い。
慶應では、かつて「あほう学部お世辞学科」と呼ばれた法学部政治学科が、看板の経済学部を抜いて、今や慶應のエースとして君臨。一方、「政経にあらずんば早稲田にあらず」と言われた早稲田では、国際教養学部(SILS)の登場で、キャンパスの様相が一変。「社学のシャシャシャ」と替え歌に歌われ、どうしても早稲田に入りたい人の受け皿だった社会科学部も、今では第2エースの法学部と肩を並べる存在になっている。
学生たちも大きく変わった。ダサイの代名詞だったワセジョは、ファッション誌に登場する読者モデルの人数で、おしゃれで名高い慶應女子を抜き、バンカラを知らない早稲田男子は慶應ボーイに急接近。
 受験の現場でも大変化。偏差値、志望者数、そして早慶ダブル合格した際の進学先。司法試験をはじめとする難関試験の合格者数対決にも異変あり。
 親世代の常識との違いを明らかにしながら、学問の場としても、政財界のOB・OG人脈など卒業後にも及ぶ対決を、様々な角度から取り上げる。
 早慶OB&受験生の親必見の目からウロコの新・早慶研究本。

同じジャンルの書籍から探す

絶望裁判2 〜SMプレイ・女通り魔・騒音おばさん〜 メタルカラーの時代5 瞳さんと ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 上巻 佑樹 家族がつづった物語 オウム裁判傍笑記 あんぽん 孫正義伝 歌舞伎町のミッドナイト・フットボール −世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間− 28人の幸せ離婚〜あなたに似た彼女〜 第四回 戦中派復興日記 メール内「男心」連絡網 逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] 洞窟オジさん 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場(小学館新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 6/29 金曜日
  • 愛と勇気を、分けてくれないか/清水浩司
  • がいなもん 松浦武四郎一代/河治和香
  • 3歳からのアドラー式子育て術「パセージ」 ~ほめない、しからない、勇気づける~/清野雅子(著)岡山恵実(著)
  • タイワニーズ 故郷喪失者の物語/野嶋剛
  • 習近平が変えた中国/天児慧(著・編)茅原郁生(著)関志雄(著)佐藤考一(著)中兼和津次(著)菱田雅晴(著)毛里和子(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行5/今官一(著)黒岩重吾(著)井出孫六(著)藤本義一(著)南條範夫(著)田中澄江(著)豊田有恒(著)富士正晴(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行6/遠藤周作(著)井上友一郎(著)豊田穣(著)馬場あき子(著)山田風太郎(著)安西篤子(著)早乙女貢(著)赤江瀑(著)大原富枝(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶5/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶6/富島健夫