秘伝 算数ができる子になる

秘伝 算数ができる子になる

朝倉仁

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

算数が好きになり、難関中に合格するには?

あなたのお子さんは算数が好きですか?
もし嫌いなら、ぜひともこの本を読んでみてください。
算数嫌いの子どもに魔法をかけ、算数大好きな子どもに大変身させてしまう、秘伝の技がこの本にはギッシリ!詰まっています。
算数オリンピックの金メダリストを育て、灘中トップ合格者をはじめ、最難関中学に多数の教え子を導いたカリスマ講師が、これまで培ってき“算数学習のノウハウ”を初めて解き明かした一書。
子ども達に「算数は面白い」ことを気付かせ、自ら学ぼうという意欲を引き出す方法を伝授します。
「ママの要望に必死に耐えて勉強してきた子ども」は、「必ず崩れ落ちる」のです。
しかし著者の「算数大好きウイルス」に感染した子どもたちは、どんな難題でも平気で乗り越えてきました。
本書の中には、算数を理解しやすくする仕掛けが随所に埋め込まれています。
また、計算に強くなる技などを具体的な説明でわかりやすく解説しています。
基礎から始まり、エレガントで鮮やかな計算解析法までを紹介。
発想の転換で算数はここまで簡単になる、ということが実感できるはずです。
さらに、中学受験にどう臨めばいいのか、塾の上手な利用の仕方、親の心得、子どもへの接し方など、受験生の親が直面する様々な悩みに一緒になって答えを見いだしていきます。
著者独特の、明るく前向きな語り口は皆さんの救いになるでしょう。
算数は楽しい、と感じていただける一書です。

同じジャンルの書籍から探す

怒らないですむ子育て〜そのイライラは手放せます〜 教師のためのケース別アンガーマネジメント〜子ども、保護者、教師が笑顔で仲よく!〜 笑顔がはじけるスパーク運動療育〜発達障害の子の脳をきたえる〜 信頼される先生への4分2秒〜自分の印象、大丈夫ですか?〜 発達障害の改善と予防 家庭ですべきこと、してはいけないこと 教育格差の真実 どこへ行くニッポン社会(小学館101新書) 「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方〜大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ!〜 子どもが自立できる教育 大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜 養子でわくわく家族 A Story of Blessed Adoption 有名中学合格事典2017〜関西・中部 その他完全ガイド〜 伸ばしたいなら離れなさい 〜サッカーで考える子どもに育てる11の魔法〜 「語りかけ」育児〜0〜4歳 わが子の発達に合わせた 1日30分間〜 さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか〜2017年告示 新指針・要領からのメッセージ〜 保育園義務教育化 佐藤初女さんの心をかける子育て〜子どもと心を通わせるための7つの質問〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 4/27 金曜日
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行1/森敦(著)藤沢周平(著)円地文子(著)杉浦明平(著)飯沢匡(著)永岡慶之助(著)奈良本辰也(著)北畠八穂(著)杉森久英(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行2/更科源蔵(著)三浦朱門(著)土橋治重(著)笹沢左保(著)陳舜臣(著)藤原審爾(著)江崎誠致(著)戸川幸夫(著)大城立裕(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行3/井上ひさし(著)武田八洲満(著)杉本苑子(著)山本茂実(著)水上勉(著)村上元三(著)岡本好古(著)福田善之(著)青地晨(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行4/長部日出雄(著)五味康祐(著)尾崎秀樹(著)戸部新十郎(著)永井路子(著)邦光史郎(著)神坂次郎(著)北条秀司(著)田中千禾夫(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶3/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶4/富島健夫
  • 山口瞳 電子全集19 1978~1979年『血族』/山口瞳