開高 健 電子全集5 ルポルタージュ『声の狩人』『ずばり東京』他 1961~1964

開高 健 電子全集5 ルポルタージュ『声の狩人』『ずばり東京』他 1961~1964

開高健

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

芥川賞受賞から間もない時期のルポルタージュ作品『過去と未来の国々 中国と東欧』『声の狩人』『日本人の遊び場』『ずばり東京』を収録。

1958年、27歳で芥川賞を受賞した気鋭の小説家は、当時、自身の内心によりそって作品を書くことはするまいと決心していた。“遠心力で書く文学”を目指し、ひたすら「外へ!」という指向で文体を工夫すること、素材を選ぶことにふけっていた。そのため現場を見ることを自らに課し、国内外を精力的に歩き回った。1960年、中国訪問日本文学代表団の一員として中国を訪れて毛沢東、周恩来らと会見したのを皮切りに、以後3年ほどの間にルーマニア、チェコスロバキア、ポーランド、フランス、イスラエル、ギリシア、トルコ、ソ連、スペイン等々を訪れている。この間の現場での見聞をまとめたものが、開高健にとって初のルポルタージュ作品となる『過去と未来の国々 中国と東欧』であり、『声の狩人』である。国内においてもさまざまな現場を巡って『日本人の遊び場』(『週刊朝日』1963年7月~9月)や『ずばり東京』(『週刊朝日』1963年10月~1964年11月)など優れたルポルタージュ作品を書いている。この現場主義がやがて開高健を戦時下のベトナムへと駆り立て、その後は形を変えてアラスカの大河や南米アマゾンなど、世界中の水辺に釣り竿を担いで足を運ばせることになる。

【収録数】ルポルタージュ:4作 付録:担当編集者による回顧談、『ずばり東京』大阪食い倒れ取材中の写真など9点 

【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

パイプのけむり選集 旅 宿命の子〜笹川一族の神話〜 コンカッション 最下層女子校生〜無関心社会の罪〜(小学館新書) 養老孟司の旅する脳 都知事失格 紛争地の看護師 中国不要論(小学館新書) 逆説の日本史 別巻4 ニッポン戦乱史 狼の牙を折れ〜史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部〜 「みんなの学校」が教えてくれたこと〜学び合いと育ち合いを見届けた3290日〜 池上彰の世界の見方 ドイツとEU〜理想と現実のギャップ〜 小学館ジュニア文庫 動物たちのお医者さん 太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論 上巻 タイワニーズ 故郷喪失者の物語

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 8/24 金曜日
  • 失われゆく日本~黒船時代の技法で撮る~/エバレット・ケネディ・ブラウン(著・撮影)
  • 南の国のカンヤダ/鈴木敏夫
  • 英国紅茶予言師 古城の悪魔/七海花音(著)ねぎしきょうこ(イラスト)
  • 神様の護り猫 最後の願い叶えます/朝比奈希夜(著)mocha(イラスト)
  • 桃源郷ラビリンス/岡山ヒロミ(著)あづみ冬留(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集23 1985~1986年『新東京百景』/山口瞳