電脳のサムライたち1 西和彦とその時代2

電脳のサムライたち1 西和彦とその時代2

滝田誠一郎

本体150円 + 税

読む

内容紹介

パソコンの統一規格『MSX』をめぐるアスキー西和彦とソフトバンク孫正義の攻防など。

『電脳のサムライたち』は月刊誌『実業の日本』に掲載された連載(96年5月号~98年2月号)である。若い頃に“パソコンの天才”といわれたアスキーの西和彦と“パソコンの神童”といわれたソフトバンクの孫正義の二人を主役に据えたヒューマン・ドキュメンタリーであり、二人二様の起業家人生を描くことで、インテルが開発した8ビットのマイクロプロセッサ『8080』によってはじまるパソコンビジネス史--草創期からインターネット時代開幕直前まで--を書き記すことを狙ったノンフィクションである。同連載の中からビル・ゲイツとの盟友関係を軸に、日本のパソコンビジネス黎明期を席巻した西和彦とアスキーの20年を抜粋して単行本にまとめたものが『電脳のサムライたち アスキー・西和彦とその時代』である。第2巻では西和彦が仕掛けたパソコンの統一規格『MSX』と、それに反発するソフトバンク孫正義の攻防、名機の誉れ高い『PC-100』の開発秘話、『PC-100』にバンドルされたワープロソフト『JS-WORD』とジャスストシステムの『一太郎』の知られざる関係などが描かれている。

この作品は『電脳のサムライたち ~西和彦とその時代~』の第2章の内容となります。

同じジャンルの書籍から探す

安楽死を遂げるまで アンネ・フランク 小学館版 学習まんが人物館 逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行 「気づき」の幸せ 文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書) 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 紫式部 開高 健 電子全集17 耳の物語/珠玉 読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜 ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 下巻 習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望 闇を叩く 開高 健 電子全集1 漂えど沈まず―闇三部作 黒田官兵衛 軍師の極意(小学館新書) 覆す力(小学館新書) 夜回り先生と夜眠れない子どもたち 電脳のサムライたち3 電網創世記 インターネットにかけた男たちの軌跡4

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 5/22 火曜日
  • めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則/横山光昭

2018 5/25 金曜日
  • 50才からが"いよいよ"モテるらしい 神話「フランス女」/長坂道子
  • 俺、つしま/おぷうのきょうだい(著・作)
  • 平成史/佐藤優(著)片山杜秀(著)
  • 刑事の血筋/三羽省吾
  • 山口瞳 電子全集20 1979~1980年『兆治』/山口瞳