電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4

電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4

滝田誠一郎

本体150円 + 税

読む

内容紹介

創業以来のトロイカ体制の崩壊、リストラ・・逆風下で新たな時代を目指すアスキー・西和彦の思惑。

『電脳のサムライたち』は月刊誌『実業の日本』に掲載された連載(96年5月号~98年2月号)である。若い頃に“パソコンの天才”といわれたアスキーの西和彦と“パソコンの神童”といわれたソフトバンクの孫正義の二人を主役に据えたヒューマン・ドキュメンタリーであり、二人二様の起業家人生を描くことで、インテルが開発した8ビットのマイクロプロセッサ『8080』によってはじまるパソコンビジネス史--草創期からインターネット時代開幕直前まで--を書き記すことを狙ったノンフィクションである。同連載の中からビル・ゲイツとの盟友関係を軸に、日本のパソコンビジネス黎明期を席巻した西和彦とアスキーの20年を抜粋して単行本にまとめたものが『電脳のサムライたち アスキー・西和彦とその時代』である。第4巻では創業以来続いていたアスキーのトロイカ体制の崩壊、債務急増とリストラ、20年にわたって日本のパソコンビジネスをリードしてきた西の思いが描かれている。

この作品は『電脳のサムライたち ~西和彦とその時代~』の第4章の内容となります。

同じジャンルの書籍から探す

絶望している暇はない〜「左手のピアニスト」の超前向き思考〜 池上彰と学ぶ日本の総理 第6号 鳩山一郎 人生賭けて 〜苦しみの後には必ず成長があった〜 逆説の日本史 別巻4 ニッポン戦乱史 ピッカピカの一年生を作った男 三浦綾子 電子全集 命ある限り ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論 下巻 50オトコはなぜ劣化したのか(小学館新書) 落語の履歴書 語り継がれて400年(小学館101新書) 開高 健 電子全集7 小説家の一生を決定づけたベトナム戦争 アメリカの活動写真が先生だった 池上彰と学ぶ日本の総理 第5号 岸信介 「来ちゃった」 前田義子の迷わない強運哲学 読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜 豊田章男が愛したテストドライバー

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 9/26 火曜日
  • 教場0 ~刑事指導官・風間公親~/長岡弘樹

2017 9/29 金曜日
  • 武器としての経済学/大前研一
  • 東京五輪後の日本経済 ~元日銀審議委員だから言える~/白井さゆり
  • ワクワクだけで年商30億円 ~たった5年でパリコレ進出&30億円ブランドの夢を叶えたワケ~/LICA(著)高坂ゆう香(著・まんが)
  • 海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~/森沢明夫
  • 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール/竹宮惠子
  • 「0から1」の発想術/大前研一