電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4

電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4

滝田誠一郎

本体150円 + 税

読む

内容紹介

創業以来のトロイカ体制の崩壊、リストラ・・逆風下で新たな時代を目指すアスキー・西和彦の思惑。

『電脳のサムライたち』は月刊誌『実業の日本』に掲載された連載(96年5月号~98年2月号)である。若い頃に“パソコンの天才”といわれたアスキーの西和彦と“パソコンの神童”といわれたソフトバンクの孫正義の二人を主役に据えたヒューマン・ドキュメンタリーであり、二人二様の起業家人生を描くことで、インテルが開発した8ビットのマイクロプロセッサ『8080』によってはじまるパソコンビジネス史--草創期からインターネット時代開幕直前まで--を書き記すことを狙ったノンフィクションである。同連載の中からビル・ゲイツとの盟友関係を軸に、日本のパソコンビジネス黎明期を席巻した西和彦とアスキーの20年を抜粋して単行本にまとめたものが『電脳のサムライたち アスキー・西和彦とその時代』である。第4巻では創業以来続いていたアスキーのトロイカ体制の崩壊、債務急増とリストラ、20年にわたって日本のパソコンビジネスをリードしてきた西の思いが描かれている。

この作品は『電脳のサムライたち ~西和彦とその時代~』の第4章の内容となります。

同じジャンルの書籍から探す

逆説のニッポン歴史観 脳の王国 世界史としての日本史(小学館新書) 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 徳川吉宗 これが本当の「忠臣蔵」 赤穂浪士討ち入り事件の真相(小学館101新書) 狼の牙を折れ〜史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部〜 銀座ナイルレストラン物語 太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編 自衛隊が危ない(小学館101新書) 大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜 老いて、若返る〜人生、90歳からが面白い〜 開高 健 電子全集15 オーパ、オーパ!!2 山下洋輔の文字化け日記 逆説の世界史1 An Upside-Down History of the World vol.1 “The Rise and Fall of Ancient Egypt and Confucian China” 三浦綾子 電子全集 さまざまな愛のかたち メタルカラーの時代1

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 6/22 金曜日
  • 「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート/大越健介
  • 消された信仰~「最後のかくれキリシタン」―長崎・生月島の人々~/広野真嗣
  • 山口瞳 電子全集21 1981~1982年『草競馬流浪記』/山口瞳
  • 【カラー】コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編/井沢元彦(著)千葉きよかず(まんが)