宮脇俊三 電子全集6 『シベリア鉄道9400キロ/椰子が笑う 汽車は行く』

宮脇俊三 電子全集6 『シベリア鉄道9400キロ/椰子が笑う 汽車は行く』

宮脇俊三

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

念願のシベリア鉄道「ロシア号」に乗車した宮脇が、ついに究極の鉄道紀行を綴る。東南アジアでのほのぼのとした乗車記も収録!

1983年初刊の『シベリア鉄道9400キロ』は、著者が前年の春に担当編集者とナホトカからハバロフスクを経てモスクワへ至る汽車旅の記録である。当時はベルリンの壁が崩壊前で、ロシアでなくソビエト連邦だった。旅の中心は8531キロを6晩7日かけて「ロシア号」でシベリア鉄道を乗り通す部分だが、始発駅のハバロフスクに辿り着くまでの道中記も興味深い。走る車窓で注目したのは、線路脇のキロ程を表すキロポストだ。モスクワが近づくにつれ、その数を減らしていく様子が長い汽車旅の抑揚となっている。同行編集者をはじめ乗客や従業員たちの人間模様の描写も実に面白く、鉄道を中心としたひとつのコミュニティを垣間みせる作品だ。
『椰子が笑う 汽車は行く』は、1982年にフィリピン、マレー半島、台湾、インドネシアの鉄道を旅した乗車記である。なかでも「皆既日食ツアーは楽し——ジャワ島」は、鉄道にはとりあえず乗るものの文章のクライマックスは皆既日食の観測で、他の作品とは筆致がいささか異なる。タイトルは宮脇自身の案で、稿末の《長い棒の先に「笑」という字を乗っけると、椰子の木そっくりになる。》という一文が同書のイメージを表しているようだ。

付録:宮脇俊三アルバム、連載『最長片道切符の旅』自筆原稿 など2点

【ご注意】※この作品は図表が含まれるのと、付録の原稿が手書きのため、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

黒ひげ先生の世界探検 まぼろしのトビトカゲ 地球どこでも不思議旅 まだ見ぬホテルへ 宮脇俊三 電子全集1 「時刻表2万キロ/汽車旅12ヵ月」 ほろ酔い鉄子の世界鉄道~乗っ旅、食べ旅~ 3【台湾・マレーシア編】 宮脇俊三 電子全集23『私の途中下車人生/対談選集/自筆年譜』 宮脇俊三 電子全集17 『徳川家康歴史紀行5000キロ/古代史紀行』 いきなりパリジェンヌ 2泊3日でも楽しめる、おいし~いパリの生活情報 鬼平先生流 [粋な酒飯術] 宮脇俊三 電子全集19 『史記のつまみぐい/殺意の風景』 宮脇俊三 電子全集7 『中国火車旅行/韓国・サハリン鉄道紀行』 ワンダーキッズペディア3 乗りもの1 〜鉄道・自動車・飛行機・船しくみ大図解〜 サラリーマン転覆隊 悪ガキオヤジが川に行く! クラシック リバイバル 日本名城紀行1 新幹線をつくった男 島秀雄物語 宮脇俊三 電子全集11『日本探見二泊三日/夢の山岳鉄道』

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 4/27 金曜日
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行1/森敦(著)藤沢周平(著)円地文子(著)杉浦明平(著)飯沢匡(著)永岡慶之助(著)奈良本辰也(著)北畠八穂(著)杉森久英(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行2/更科源蔵(著)三浦朱門(著)土橋治重(著)笹沢左保(著)陳舜臣(著)藤原審爾(著)江崎誠致(著)戸川幸夫(著)大城立裕(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行3/井上ひさし(著)武田八洲満(著)杉本苑子(著)山本茂実(著)水上勉(著)村上元三(著)岡本好古(著)福田善之(著)青地晨(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行4/長部日出雄(著)五味康祐(著)尾崎秀樹(著)戸部新十郎(著)永井路子(著)邦光史郎(著)神坂次郎(著)北条秀司(著)田中千禾夫(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶3/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶4/富島健夫
  • 山口瞳 電子全集19 1978~1979年『血族』/山口瞳