立原正秋 電子全集14 『北国の世界 紬の里』

立原正秋 電子全集14 『北国の世界 紬の里』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

雪深い越後塩沢で紬を織る未亡人の元へ通う男との逢瀬の日々を描く『紬の里』ほか、“盟友”作家・小川国夫との往復書簡も収録。

雪深い越後の地で、紬を織る女の秘めた情熱と、彼女に惹かれ通い続ける織物研究家のエゴイズムが次第にかみ合わなくなっていく様を描いた『紬の里』。二人の心理の揺れが、背景をなす雪国の自然や風光に投影され、叙情的に描かれた作品。立原の親友ともいえる作家・小川国夫とおぼしき人物が登場する『合わせ鏡』は、異母妹を愛してしまった主人公の苦悩と放悉の日々を描く。親友・小川国夫との7年におよぶ往復書簡『冬の二人』全編と、二人の対談「中世への接近」も収録。黒川能を観に鶴岡へ行った男女が、雪のなかで空を駆ける馬の蹄の音を聞く『雪のなか』、家の向かいの山を切り崩す建設会社の労務者との性愛に溺れる人妻を描く『山肌』を収録。

付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十四」など関連エッセイ3作収録。特別付録として『紬の里』『合わせ鏡』生原稿のほか、小川国夫から立原への書簡を収録。「写真でたどる立原正秋の軌跡」(5)では、親友・小川国夫とのスナップ写真を掲載。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

斬ばらりん3 薩摩炎上編 アンダーリポート/ブルー 愛について、なお語るべきこと 下 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖48 芝居正月 蒼のファンファーレ 0マイル 鴨川食堂いつもの 緋色の時代 下 連理の枝 未だ王化に染はず わが心のジェニファー あぶない刑事 1 卒業するわたしたち P+D BOOKS 加田伶太郎 作品集 浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上) 鴨川食堂おかわり

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 2/23 金曜日
  • しょったれ半蔵/谷津矢車
  • チーズの教本2018 ~「チーズプロフェッショナル」のための教科書~/チーズプロフェッショナル協会
  • 俳句、やめられません~季節の言葉と暮らす幸せ~/岸本葉子
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行1/森敦(著)藤沢周平(著)円地文子(著)
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行2/更科源蔵(著)三浦朱門(著)土橋治重(著)
  • クラシック リバイバル 女人追憶1/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶2/富島健夫
  • 山口瞳 電子全集17 1974~1975年『礼儀作法入門』/山口瞳
  • 江戸川乱歩 電子全集19 随筆・評論集第4集/江戸川乱歩