立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』

立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

“春”に象られた作品『春のいそぎ』『暗い春』など5篇を収録。立原文学の醍醐味とも言える男女の“愛の業”が堪能できる1巻。

『春のいそぎ』は、6歳で父の自裁という滅亡を見てしまい、亡骸が安置されていた部屋に立てられていた金屏風が忘れられず金箔師となった、主人公のデガダンスな生活と性愛を描いた作品。『暗い春』は大学のマルクス主義研究会で出会った男女の屈折した愛と、互いの境遇の違いから生じたすれ違いと、悲劇的な別れから、敗戦直後の学生の暗い青春を描いている。『去年の梅』は、別の女を作った夫に満たされない日々を送る人妻が、自ら開くサロンで出会ったロシア文学者との間で静かに進行していく愛の姿を、サロン客達の愛憎劇と対比させながら描いた作品。ほかに『春の病葉』『春の修羅』を収録。

付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十六」など関連エッセイ3作収録。特別付録として『春の病葉』の生原稿と、立原自身が刊行に尽力した文芸誌「犀」の「創刊の辞」「終刊の辞」を収録。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 噺のまくら あかん ぼくたちと駐在さんの700日戦争4 口中医桂助事件帖3 花びら葵 タッチ もうひとつのラストシーン 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第2話 赫翼(かくよく)の天使(3) ずっと、ずっと、あなたのそばに 映画「いま、会いにゆきます」−澪の物語 国芳一門浮世絵草紙4 浮世袋 中上健次 電子全集4 『エッセイ集 1960年代〜70年代』 ダレン・シャン5 バンパイアの試練 砂の交渉 日米合弁 神様のカルテ ちょうかい 未犯調査室 2 三浦綾子 電子全集 残像 九十九神曼荼羅シリーズ まなざしの街2 メモされた未来 日本沈没(下)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 6/30 金曜日
  • 高嶋ひでたけの読むラジオ/高嶋秀武
  • 絶望している暇はない~「左手のピアニスト」の超前向き思考~/舘野泉
  • さよなら、ムッシュ/片岡翔