中上健次 電子全集9 『初期作品集Ⅱ 路地世界の生成』

中上健次 電子全集9 『初期作品集Ⅱ 路地世界の生成』

中上健次

本体1946円 + 税

読む

内容紹介

芥川賞受賞作『岬』の前奏曲ともいえる『蝸牛』ほか、『羅漢』『蛇淫』等の短編17作収録。中上飛躍前夜の昂奮がここにある!

短篇『蝸牛』は、芥川賞受賞作『岬』の前奏曲のような作品。クライマックスで主人公は、ヒモになっている女の「義足をつけた兄」の家に押しかけ、こぶ付きの女のために、「なんとかしたれよ、なんとか…」と喘ぎながら、突発的に彼を刺殺する。『岬』で語られた秋幸の姉の夫が被害者となる殺人事件を先取りする、「路地」的風土の最深部で生起した出来事であった。
「姉(イネ)つらいねえ」という辻々で交わされる挨拶の言葉がことに印象的な『路地』。『臥龍山』、『藁の家』は必読の連作で、その冒頭に配された「日和山から長山みれば裸(はだか)馬(うま)かよくらもない」という「歌」は、一連のサーガ(物語群)を理解する上で聞き捨てならない。中上的な作品風土である「路地」の解体=再開発は、この龍が伏したように蛇行する臥龍山の尾根の撤去によって80年代に完成するのである。その最終プロジェクトの名が「日和山(ひよりやま)開発」であったのも象徴的で、市内を二つに隔て交通の障害ともなっていた「路地」の裏山が、そのターゲットとなったのだ。
第9回の本巻では、『岬』で芥川賞を受賞する前後の「路地」世界の生成に立ち向かう作家の志を指し示す17の短編が収録されている。

特別寄稿として、長女・紀の回想録「家族の道端」(9)、現代作家が語る「中上文学の神髄を語る」(5)星野智幸を掲載。
付録:『風景の向こうへ』サイン本等を収録した「特別資料」(7)」と、「路地」の過去と現在を紹介した「中上健次写真館(5)」を収録。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第2話 赫翼(かくよく)の天使(2) 旅する清志郎。 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖16 一弦の奏(かなで) P+D BOOKS 残りの雪(上) 栗本薫・中島梓傑作電子全集9 [エッセイ] 海と月の喫茶店 史上最強の大臣 小説版 ホテルコンシェルジュ 上 伝説のエンドーくん 夢幻∞シリーズ つくもの厄介5 目目の夢 ドラマ 失恋ショコラティエ 後篇 P+D BOOKS 春喪祭 麻酔科医 口中医桂助事件帖3 花びら葵 コーヒーに角砂糖の男 つめ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 7/24 火曜日
  • 100万人組織「日本大学」の解剖/週刊ポスト編集部(編)

2018 7/27 金曜日
  • 紛争地の看護師/白川優子
  • 本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」~骨と筋肉、どっちも大事。ほどよい運動で若返る。~/中村幸男
  • 山口瞳 電子全集22 1983~1984年『家族(ファミリー)』/山口瞳
  • どんな災害でもネコといっしょ~ペットと防災ハンドブック~/徳田竜之介(監)
  • 長崎新地中華街の薬屋カフェ/江本マシメサ(著)加々見絵里(イラスト)
  • 原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子(著)佐藤おどり(イラスト)
  • 本日は曇天なり/桜堂莉緒(著)24(イラスト)