山口瞳 電子全集11 1965年 『結婚します』

山口瞳 電子全集11 1965年 『結婚します』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

“謎の多い”青春小説『結婚します』と、庶民の哀しみをユーモラスに描いた傑作『世相講談』など、小説、エッセイ等109作品収録。

収録作品は、小説「世相講談1 生き残り」(「オール讀物」65年1月号)から、エッセイ「生活の中の美学18 招宴」(婦人画報65年12月号)まで、1965年に発表された小説、エッセイ等109作品を初出掲載順に収録。

『結婚します』の単行本が発売されたのが、1965年3月5日。長らく、この作品は初出媒体不明の“謎の多い”作品だった。今回、電子全集収録に向けた調査で、「岐阜日日新聞」に1964年8月18日から、1965年3月18日に連載された、山口自身初の新聞小説だったことが判明した。
連載開始にあたって山口は「現代の結婚とは何かという問題を、サラリーマンの結婚をめぐる近代的コメディー調で描きたいと思う。ずいぶん欲ばった構想だが、精いっぱいがんばってみるつもりである」と語り、事実、清涼感に満ちた青春小説の佳作である。しかし、新聞連載終了前に単行本が発売されたという“謎”は解明されないままである。

また、約5年にわたり「オール讀物」に連載され、全54編の短篇小説から構成される『世相講談』(第11回〜15回で全篇収録)は、山口瞳という小説家の数多くあるキーワードのうち、ここで謳われた「庶民」と「ユーモア」そして「哀しみ」という三つのキーワードを織り込んだ連作で、初期の作品の中で、特別な光彩を放つ傑作の一つである。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」(11)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 上海の螢・審判 遺産 THE LEGACY 上 100回泣くこと 原色3人女 脳を食む虫 太田和彦の居酒屋歳時記 上 マンゴスチンの恋人 P+D BOOKS 海市 花とアリス殺人事件 公器の幻影 口中医桂助事件帖2 手鞠花おゆう 汚名刑事 パイプのけむり選集 話 罪 青いリボン コントレール〜罪と恋〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 9/26 火曜日
  • 教場0 ~刑事指導官・風間公親~/長岡弘樹

2017 9/29 金曜日
  • 武器としての経済学/大前研一
  • 東京五輪後の日本経済 ~元日銀審議委員だから言える~/白井さゆり
  • ワクワクだけで年商30億円 ~たった5年でパリコレ進出&30億円ブランドの夢を叶えたワケ~/LICA(著)高坂ゆう香(著・まんが)
  • 海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~/森沢明夫
  • 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール/竹宮惠子
  • 「0から1」の発想術/大前研一