山口瞳 電子全集13 1968年 『わが町』

山口瞳 電子全集13 1968年 『わが町』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

国立の住人との親交と“町の匂い”を運ぶ『わが町』、恩師を描いた『小説・吉野秀雄先生』など、小説、エッセイ等70作品を収録。

収録作品は、 エッセイ 「同年同月同日生れ」(1968年「小説現代」新年特大号)から、エッセイ 「穴のグランプリ」(「東京中日新聞」12月21日)まで、1968年に発表された小説、エッセイ等70作品を初出掲載順に収録。
終の棲家となった国立市に越して5年、賃貸住宅を借り上げた山口は、この年「変奇館」と自ら名付ける新築の家を建てた。この旧宅の解体、新築、造園という過程を重ねながら、山口瞳は、少しずつ、国立の住人との親交を深め、国立を「わが町」としていったが、1968年4月14日から9月25日まで、朝日新聞日曜版に全25回の短篇連作小説『わが町』を連載する。
『わが町』に登場する、地元のタクシー会社の運転手たち、行きつけのうなぎ屋や居酒屋や酒場の人たちと、それらの店に集まってくるお客たちは、これ以降の山口の作品の中に、さまざまに形を変えては登場してくる重要な人物たちとなり、山口瞳の作品に中に、“町の匂い”を運んでくれることになる。
また、作家・山口瞳にとって重要な作品、『小説・吉野秀雄先生』は、『わが町』が、これからの山口瞳と“わが町”とのつきあいのはじまりを告げる作品だとすると、この作品は、歌人・吉野秀雄を書きながら、山口が青春のひとときを過ごした鎌倉大学校(後の鎌倉アカデミア)で師と仰いだ吉野秀雄とのふれあいと同時に、鎌倉大学校に在籍していた妻・治子と自分の恋愛と結婚を描いていて、あるひとつの青春に決着をつけている作品だと言うことができる。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」(13)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

旅する清志郎。 P+D BOOKS 魔界水滸伝 19 「来ちゃった」 じみへん倫理教室 立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』 P+D BOOKS 風の息 (下) 九十九神曼荼羅シリーズ まなざしの街4 邂逅 かみがかり P+D BOOKS 宿敵 上・下巻 合本版 コントレール〜罪と恋〜 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖32 ちゃんちゃんこを着た猫 三浦綾子 電子全集 続 泥流地帯 日本人の知らない 日本一の国語辞典(小学館新書) 三浦綾子 電子全集 明日のあなたへ―愛するとは許すこと 小説 S エス―最後の警官― 1 ロマンシエ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 1/26 金曜日
  • 福島の絹商人、文明開化に出会う 明治六年の旅日記/高橋兼助(著)高橋歌子(訳)
  • 英語の仕事術~グローバル・ビジネスのコミュニケーション~/岩田ヘレン
  • 山口瞳 電子全集16 1972~1973年『考える人たち』/山口瞳
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン3 飛鳥時代 ~霧の中の異邦人(ストレンジャー)~/青山剛昌(原作)太田勝(まんが)狛枝和生(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン4 奈良時代 ~裏切りの巨大像(モニュメント)~/青山剛昌(原作)あさだみほ(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン10 幕末・維新~暗黒の羅針盤(コンパス)~/青山剛昌(原作)狛枝和生(まんが)