山口瞳 電子全集14 1969年 『なんじゃもんじゃ』

山口瞳 電子全集14 1969年 『なんじゃもんじゃ』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

山口文学のもう一つの顔、紀行文学の嚆矢“昭和の弥次喜多”とも言える『なんじゃもんじゃ』など、小説、エッセイ等47作品収録。

収録作品は、 エッセイ「天皇賞の森安弘明 ならぶところなく抜き去る」(「優駿」1969年1月号)から、「なんじゃもんじゃ3 姥湯の夜嵐」(「オール讀物」1969年12月号)まで、1969年に発表された小説、エッセイ等47作品を初出掲載順に収録。
山口瞳の人生を大きく変えたのが1958年の寿屋(現サントリー)への入社である。1899年に創立された寿屋は、1969年に創立70周年を迎え、記念して出版された社史「サントリーの七十年」に、山口瞳が、創業者・鳥居信治郎を、開高健が、二代目・佐治敬三を、それぞれ描いて、寄稿する。山口瞳の『青雲の志について』は、1969年「小説新潮」7月号に転載され、一般の人々の目に触れることになる。 
『なんじゃもんじゃ』の連載が始まったのが、1969年「オール讀物」10月号で、翌年まで14回にわたって続けられる。内容は、国立在住の「ほぼ五十歳と推定され」、「彫刻家であり、大工であり、家具屋であり、画家であり、陶芸家であり、瓦職人であり、書家であり、篆刻家であり、庭師であり、わけわからないが、とにかく、なんでも出来てしまう」という人物で、その風貌から「ドストエフスキイ」、略して「ドスト氏」との行う、弥次喜多旅行記である。
山口瞳の作品の中に大きな位置を占めるのが紀行で、『なんじゃもんじゃ』はその嚆矢にて、松尾芭蕉の「奥の細道」から、敬愛して止まない先輩の作家・内田百閒の『阿房列車』までの紀行文学の伝統を継ぐものである。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」(14)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 続 血涙十番勝負 三浦綾子 電子全集 白き冬日 開高 健 電子全集6 純文学初期傑作集/新人作家時代 1960~1969 P+D BOOKS 裏ヴァージョン オトコのことは猫に訊け 僕等がいた 十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート ユーコン川を筏で下る 中上健次 電子全集13『紀州熊野サーガ5 虚構空間の更新と移動』 龍の荒野 銀しゃり 斬ばらりん2 京都動乱編 デビクロくんの恋と魔法 タスキメシ P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記 P+D BOOKS 風の息 (上)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 12/15 金曜日
  • 池上彰の世界の見方 ドイツとEU~理想と現実のギャップ~/池上彰
  • ウズタマ/額賀澪
  • 生まれてくれてありがとう~目と鼻のない娘は14才になりました~/倉本美香
  • クラシック音楽とは何か/岡田暁生
  • 辰巳芳子のことば 美といのちのために/辰巳芳子(著)小林庸浩(撮影)
  • 美しい日本語のすすめ(小学館101新書)/坂東眞理子
  • いのちの使いかた【新版】/日野原重明
  • きみまろ「夫婦川柳」傑作選2/綾小路きみまろ(編)
  • 教場2/長岡弘樹
  • シノン 覚醒の悪魔/ダン・T・セールベリ(著)吉田薫(訳)
  • 伝わるちから/松浦弥太郎
  • ヒトリコ/額賀澪
  • み仏のかんばせ/安住洋子
  • 中上健次 電子全集21『中上健次と柄谷行人』/中上健次
  • 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン10 夕霧という女・前篇/八杉将司(作)nemnem(絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖69 還ってきた男・上/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • the座43号 連鎖街のひとびと 改訂版(2001)/こまつ座
  • the座44号 化粧二題(2000)/こまつ座