万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜

万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜

著/平野暁臣

編/小学館クリエイティブ

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

歴史を紐解きながら万博の本質と課題に迫る。

19世紀半ばにロンドンで生まれ、近代化を競う欧米列強が推進した「万国博覧会」は、世界最大の国際イベント・最強のコミュニケーションメディアとして国際社会に君臨してきました。万博は日本がもっとも注力してきたイベントでもあり、1970年の大阪万博は戦後日本の一大エポックとしていまも日本人の記憶に深く刻まれています。しかし社会環境の変化と制度疲労が重なる状況下にあって、これまでなんとか持ちこたえてきた万博も、いまはかつての輝きを失い、歴史的な岐路に立っています。このまま老衰を迎えてしまうのか、あるいは再生を果たすのか。その命運はまもなく決するでしょう。
万博という史上初の国際イベントがなぜ、どのようにして生まれ、どんな役割を担ったのか。
その後どのように発展し、どのような問題に直面し、どのように乗り越えてきたのか。
そしていま、いかなる事態に直面しているのか。こうした問題について通史的に読み解きながら、現状の問題と課題をさぐり、今後の展望と可能性を考えます。
それはそのまま「大阪万博がなぜあれほどの強度を持ち得たのか」に対する回答にもなっています。

同じジャンルの書籍から探す

熱血!ジャージ校長奮闘記 タイワニーズ 故郷喪失者の物語 「ブッダの肉声」に生き方を問う(小学館101新書) がんの花道 患者の「平穏生」を支える家族の力 「YES」と言わせる日本(小学館新書) 目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書) ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 下巻 身近な人が「心の病」か迷ったときに読む本 ホーム・メディカ・ブックス ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論 上巻 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第4巻 ピカレスク 太宰治伝 三浦光世 電子選集 綾子へ 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 ふじようちえんのひみつ〜世界が注目する幼稚園の園長先生がしていること〜 「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書) 電脳のサムライたち3 電網創世記 インターネットにかけた男たちの軌跡3 メタルカラーの時代5 「日本の四季」がなくなる日 連鎖する異常気象(小学館新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 9/28 金曜日
  • 鬼嵐/仙川環
  • 天皇はなぜ紙幣に描かれないのか ~教科書が教えてくれない日本史の謎30~/三上喜孝
  • 下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤
  • さくら花店 ~毒物図鑑 夏の悪夢~/宮野美嘉(著)上条衿(イラスト)
  • なぞとき遺跡発掘部 ~甕棺には誰がいますか?~/日向夏(著)vient(イラスト)
  • 女神様の料理帖 ~恋の予感と思い出ごはん~/相内藍(著)くにみつ(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集24 1987~1988年『行きつけの店』/山口瞳
  • 国立がん研究センターのがんとお金の本/片井均(監)大江裕一郎(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターのこころと苦痛の本~こころと体のつらさを和らげるためにできること~/清水研(監)里見絵理子(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターの胃がんの本/片井均(監)朴成和(監)
  • 国立がん研究センターの大腸がんの本/金光幸秀(監)朴成和(監)齋藤豊(監)
  • 国立がん研究センターの乳がんの本/木下貴之(監)田村研治(監)
  • 国立がん研究センターの肺がんの本/渡辺俊一(監)大江裕一郎(監)伊丹純(監)
  • 国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本/島田和明(監)奥坂拓志(監)池田公史(監)