山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

『人殺し』、『血涙十番勝負』、『けっぱり先生』等、1970〜1971年に書かれた小説、エッセイ等87作品収録。

収録作品は、小説「小説将棋必勝法 八段二上達也」(「小説現代」1970月1月号)から、「どこ吹く風 19(完)長い道」(「小説新潮」1971年12月号)まで、1970〜1971年に発表された小説、エッセイ等87作品を初出掲載順に収録。

1970年から1971年にかけての山口瞳は、「男性自身」シリーズの週刊誌連載のほかに、長篇小説『人殺し』の文芸誌連載と『けっぱり先生』の新聞連載、紀行エッセイの『なんじゃもんじゃ』、『血涙十番勝負』の連載、短篇小説『どこ吹く風』に連作連載のほか対談や座談会、さらに、年2回の「小説現代」新人賞の選考委員会という壮絶な流行作家の生活を送っている。

この時期の重要な作品の一つ『人殺し』は、安穏な生活を望む、中年の作家・井崎と、精神的な病を持つその妻・道子、そして、美貌ゆえに当たり前の女の生き方ができないホステス・瑛子という三人の主な登場人物を巡っての心理劇というような物語。1969年11〜12月にかけての京都入院中に構想が練られ、「文學界」に15回にわたって掲載された山口瞳にとって、はじめての純文学誌での連載であった。

さらに、プロ棋士との対局の自戦記を小説として描いた異色のシリーズ『山口瞳血涙十番勝負』は、作家が書いた将棋本の最高峰ともいえる作品。第15回巻では第一番から第八番までの“名勝負”が収録されている。
付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(15)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

小説 あらしのよるに ぼくたちと駐在さんの700日戦争20 「与」命〜団塊世代よ、あなたの晩年は40年間ある〜 受験のシンデレラ 沢彦(下) 冬の蜃気楼 南の国のカンヤダ P+D BOOKS 鞍馬天狗 4 雁のたより P+D BOOKS 熱風 満天のゴール 赤道 星降る夜 P+D BOOKS 親鸞 全7巻 合本版 P+D BOOKS 舌出し天使・遁走 九十九神曼荼羅シリーズ デリヘル4 日本人の性行動 開高健電子全集完結記念写真集 誰も見たことのない開高健 線の波紋

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 10/26 金曜日
  • 今の私は/後藤真希
  • アドラー式働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本/熊野英一
  • すべての道は役者に通ず/春日太一
  • 役者は一日にしてならず/春日太一
  • クラシック リバイバル 女人追憶9/富島健夫
  • クラシック リバイバル 女人追憶10/富島健夫
  • 学園ゴーストバスターズ ~夏のおもいで~/三國青葉(著)トミイマサコ(イラスト)
  • 僕の耳に響く君の小説/安倍雄太郎(著)げみ(イラスト)
  • シン・浪費図鑑/劇団雌猫
  • 山口瞳 電子全集25 1989~1992年『旅する人よ』/山口瞳