山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

『人殺し』、『血涙十番勝負』、『けっぱり先生』等、1970〜1971年に書かれた小説、エッセイ等87作品収録。

収録作品は、小説「小説将棋必勝法 八段二上達也」(「小説現代」1970月1月号)から、「どこ吹く風 19(完)長い道」(「小説新潮」1971年12月号)まで、1970〜1971年に発表された小説、エッセイ等87作品を初出掲載順に収録。

1970年から1971年にかけての山口瞳は、「男性自身」シリーズの週刊誌連載のほかに、長篇小説『人殺し』の文芸誌連載と『けっぱり先生』の新聞連載、紀行エッセイの『なんじゃもんじゃ』、『血涙十番勝負』の連載、短篇小説『どこ吹く風』に連作連載のほか対談や座談会、さらに、年2回の「小説現代」新人賞の選考委員会という壮絶な流行作家の生活を送っている。

この時期の重要な作品の一つ『人殺し』は、安穏な生活を望む、中年の作家・井崎と、精神的な病を持つその妻・道子、そして、美貌ゆえに当たり前の女の生き方ができないホステス・瑛子という三人の主な登場人物を巡っての心理劇というような物語。1969年11〜12月にかけての京都入院中に構想が練られ、「文學界」に15回にわたって掲載された山口瞳にとって、はじめての純文学誌での連載であった。

さらに、プロ棋士との対局の自戦記を小説として描いた異色のシリーズ『山口瞳血涙十番勝負』は、作家が書いた将棋本の最高峰ともいえる作品。第15回巻では第一番から第八番までの“名勝負”が収録されている。
付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(15)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

もしも私が、そこにいるならば 九十九神曼荼羅シリーズ こちら公園管理係3 フェンスの向こう P+D BOOKS 春の道標 恋愛体験ノベル Almost True Story7 純愛遍歴【長編】 〜貢ぐ女ヨシミの、愛とセックスとお金の日々〜 蝦夷地別件 上 鳥かごの詩 感染 マクロス プラス 恋愛体験ノベル Almost True Story2 愛の天秤【短編】 〜キャリアOLサヨ、仕事一筋ノーセックス〜 三浦光世 電子選集 妻と共に生きる 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 右の心臓 口中医桂助事件帖11 かたみ薔薇 特異家出人 〜警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦〜 セシルのビジネス 最後に咲く花 僕等がいた

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 1/26 金曜日
  • 福島の絹商人、文明開化に出会う 明治六年の旅日記/高橋兼助(著)高橋歌子(訳)
  • 英語の仕事術~グローバル・ビジネスのコミュニケーション~/岩田ヘレン
  • 山口瞳 電子全集16 1972~1973年『考える人たち』/山口瞳
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン3 飛鳥時代 ~霧の中の異邦人(ストレンジャー)~/青山剛昌(原作)太田勝(まんが)狛枝和生(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン4 奈良時代 ~裏切りの巨大像(モニュメント)~/青山剛昌(原作)あさだみほ(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン10 幕末・維新~暗黒の羅針盤(コンパス)~/青山剛昌(原作)狛枝和生(まんが)