山口瞳 電子全集20 1979〜1980年『兆治』

山口瞳 電子全集20 1979〜1980年『兆治』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

後に映画化され大いに話題を集めた小説『兆治』を始めとして、1979年10月〜1980年までに書かれた43作品収録。

収録作品は、小説『兆治』(「波」1979年10月〜1980年11月。単行本化の際に『居酒屋兆治』と改題)から、エッセイ「武蔵野写生帖9 回想の目白界隈」(「芸術新潮」1980年12月)まで、1979年10月から1980年までに発表された小説、エッセイ等43作品を初出掲載順に収録。

 『居酒屋兆治』は、連作的長篇小説として「波」に連載されたときには、単に『兆治』という題であった。この、素っ気ない題名に、山本周五郎の時代小説の世界、たとえば、「さぶ」の世界を、現代に舞台を変えて書こうという山口瞳の意気を感じないわけにはいかない。愚直なまでに、損な道を進んでしまう不器用な兆治と、なにをしても不幸を呼び込んでしまうさよ、兆治に陰険な仕打ちをしたがる上司など、舞台を江戸時代の下町に変えると、このまま、山本周五郎の時代小説の世界になるのである。『兆治』を原作として、昭和の大スター・高倉健が主演した映画『居酒屋兆治』が、1983年に公開される。この映画では、舞台は北海道の函館に変えられ、それに伴って、兆治が辞めた会社が造船会社、さよが働いていたキャバレーがある旭町が、ススキノに変わっていた。

 画文の紀行文『武蔵野写生帖』は、美術専門誌の「芸術新潮」(新潮社発行)に連載された。いつもの旅で相棒であったドスト氏の同行はなく、これまでの、絵と会話を楽しむ旅行とは違った印象の画文紀行文で、20巻、21巻の2巻に分けて全編を収録する。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(20)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 続 氷点(上) 瞳さんと わさお 九十九神曼荼羅シリーズ 貌を描く ようこそ、わが家へ P+D BOOKS 今も時だ・ブリキの北回帰線 宿命の戦記〜笹川陽平、ハンセン病制圧の記録〜 中上健次 電子全集9 『初期作品集Ⅱ 路地世界の生成』 小説 銀の匙 Silver Spoon 見えないほどの遠くの空を 社運 山口瞳 電子全集18  1976〜1977年『迷惑旅行』 P+D BOOKS 眞晝の海への旅 凛冽の宙 十津川警部 南風の中で眠れ ダレン・シャン12 運命の息子

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 8/24 金曜日
  • 失われゆく日本~黒船時代の技法で撮る~/エバレット・ケネディ・ブラウン(著・撮影)
  • 南の国のカンヤダ/鈴木敏夫
  • 英国紅茶予言師 古城の悪魔/七海花音(著)ねぎしきょうこ(イラスト)
  • 神様の護り猫 最後の願い叶えます/朝比奈希夜(著)mocha(イラスト)
  • 桃源郷ラビリンス/岡山ヒロミ(著)あづみ冬留(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集23 1985~1986年『新東京百景』/山口瞳