宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』

宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』

宮尾登美子

本体1400円 + 税

読む

内容紹介

宮尾登美子最後の長篇! 織物に懸けた男の物語『錦』と、職人を訪ね歩いたルポ・エッセイ。付録は加賀乙彦と川村湊の対談!

『錦』は京都・西陣の織元で、織物を芸術の域まで高めたと賞される初代・龍村平蔵をモデルにした小説だ。明治生まれの平蔵は斬新な織技法を編み出し、織物の世界に新風を巻き起こした。また法隆寺や正倉院などに伝わる古代裂(こだいぎれ)の研究に没頭、その復元にも努めた。小説では、織物に生涯をかけた菱村吉蔵を主人公に、吉蔵を支えた妻、妾、女性従業員らの献身と胸中も描き、吉蔵の一生が綴られる。宮尾が80歳から連載を始めた作品で、82歳の時に単行本として刊行、最後の長篇小説となった。この作品の発表後、宮尾の業績に対して菊池寛賞が贈られ、『錦』は親鸞賞も受賞した。
『美しきものへの巡礼』は、雑誌記者経験もある宮尾が手仕事の伝統を守る職人を取材、全国各地を巡り歩いたエッセイ。手毬、ケーキ、市松人形、打ち上げ花火、菊作りなど、宮尾がこよなく愛した美しきものを作り上げる職人の技に迫り、自身の忘れ得ぬ思い出も随所に織り込まれている。

付録は、宮尾が昭和48(1973)年に『櫂』で太宰治賞を受賞して以来、晩年まで親しく付き合った作家で精神科医の加賀乙彦と、文芸評論家の川村湊の対談を収録。宮尾が描いた男性像や宮尾の思い出について語り合う。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

ガラパゴス 下 中上健次 電子全集1 『紀州熊野サーガ1 竹原秋幸三部作』 再会キャッチボール  武蔵野水滸伝(上) そうだ小説を書こう P+D BOOKS サド復活 偶然屋 アメリカなう。 島旅ひとりっぷ あなたに似た街 おろち olochi, super remix ver. P+D BOOKS 悲しみの港 上・下巻 合本版 三浦綾子 電子全集 天の梯子 11センチのピンヒール オトコのことは猫に訊け 宮尾登美子 電子全集3『鬼龍院花子の生涯/楊梅の熟れる頃』

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 9/28 金曜日
  • 鬼嵐/仙川環
  • 天皇はなぜ紙幣に描かれないのか ~教科書が教えてくれない日本史の謎30~/三上喜孝
  • 下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤
  • さくら花店 ~毒物図鑑 夏の悪夢~/宮野美嘉(著)上条衿(イラスト)
  • なぞとき遺跡発掘部 ~甕棺には誰がいますか?~/日向夏(著)vient(イラスト)
  • 女神様の料理帖 ~恋の予感と思い出ごはん~/相内藍(著)くにみつ(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集24 1987~1988年『行きつけの店』/山口瞳
  • 国立がん研究センターのがんとお金の本/片井均(監)大江裕一郎(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターのこころと苦痛の本~こころと体のつらさを和らげるためにできること~/清水研(監)里見絵理子(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターの胃がんの本/片井均(監)朴成和(監)
  • 国立がん研究センターの大腸がんの本/金光幸秀(監)朴成和(監)齋藤豊(監)
  • 国立がん研究センターの乳がんの本/木下貴之(監)田村研治(監)
  • 国立がん研究センターの肺がんの本/渡辺俊一(監)大江裕一郎(監)伊丹純(監)
  • 国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本/島田和明(監)奥坂拓志(監)池田公史(監)