「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書)

「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書)

辺真一

本体500円 + 税

読む

内容紹介

北朝鮮の極秘情報に通暁する著者が新体制を徹底分析

2011年12月17日、金正日はあっけなく死んだ。これで金日成、正日と続いた北の「一人独裁体制」が終わった。弱冠29歳でカリスマ性のない正恩が、70歳以上の重鎮たちを抑えて独裁ができるわけがない。金正恩体制はどのようになるのか。また、その体制は長続きするのか、短命で終わるのか。これらを見極める節目が、正日の百日喪が明ける3月末以降、次々とやってくる。国民の生活を犠牲にして先軍政治を続けるか、改革開放に向かうのか。権力闘争からクーデタ、内乱が発生するか、食糧難から暴動が起きないか。
そんな北朝鮮から、拉致された人々を救うためにも、日本はどう動くべきか。
NO1北朝鮮ウォッチャーである辺真一氏が極秘情報も交えて徹底分析する。「北は体制維持に長けていて、ジャスミン革命を期待しても無理。ただ、金正恩は複数回の極秘来日経験があり、日本語を解し、かなりの知日派であり、日本にあこがれを抱いている。また、北が安心してつきあえる周辺国は日本だけだと知っている。今こそ日本は拉致問題解決を条件に関係改善を図り、北を対中、対韓のカードとして活用する、くらいの発想の転換をしてはどうか」と提唱する。

同じジャンルの書籍から探す

ゴーマニズム宣言SPECIAL よしりん戦記 暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと 池上彰と学ぶ日本の総理 第29号 東条英機/小磯国昭/鈴木貫太郎/東久邇稔彦 池上彰と学ぶ日本の総理 第26号 広田弘毅/林銑十郎 池上彰と学ぶ日本の総理 第27号 平沼騏一郎/阿部信行/米内光政 池袋通り魔との往復書簡 土地の神話 原発は“安全”か〜たった一人の福島事故報告書〜 多田駿伝〜「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念〜 黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」 習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望 モデルルームをじっくり見る人ほど「欠陥マンション」をつかみやすい 池上彰と学ぶ日本の総理 第7号 石橋湛山 日本逆植民地計画 命の格差は止められるか ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業(小学館101新書) 世論という悪夢(小学館101新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 6/30 金曜日
  • 高嶋ひでたけの読むラジオ/高嶋秀武
  • 絶望している暇はない~「左手のピアニスト」の超前向き思考~/舘野泉
  • さよなら、ムッシュ/片岡翔