仏像バイリンガルガイド〜Bilingual Guide to Japan BUDDHIST STATUARY〜

仏像バイリンガルガイド〜Bilingual Guide to Japan BUDDHIST STATUARY〜

著/石井亜矢子

画/岩崎隼

本体900円 + 税

読む

内容紹介

英語を学びながら、仏像の見方が分かる!

仏像の種類が一目でわかるオールカラーのバイリンガルガイド。アニメ感覚のイラストで、クイズのように読み進められる。英語と日本語が同じページにのっており、「英語だったらどう言うのか?」がすぐに確認でき、知らないうちに英語が身につく。用語集と寺院リストが付いており、観光だけでなく美術館でも役に立つ。ボランティアガイド、観光バスやタクシーの運転手も必携の一冊! 既刊の『仏像図解新書』にはさらに詳しく多くの仏像がのっているので、あわせて持つと便利。
This is the one and only guidebook to Buddhist statuary written in English and Japanese. SHOGAKUKAN's Bilingual Guide to Japan is a useful series of cultural guidebooks for foreign sightseers who are planning to visit Japan.

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品はカラー版です。

同じジャンルの書籍から探す

伊勢神宮 参宮ガイドブック 癸巳版 日めくり 一日一禅 庭園バイリンガルガイド〜Bilingual Guide to Japan JAPANESE GARDENS〜 Ise Jingu and the Origins of Japan 劣等感という妄想 禅が教える「競わない」生き方 水と森の聖地 伊勢神宮 「来ちゃった」 サラリーマン転覆隊 ママチャリお遍路1200km 秘密のミャンマー 散歩屋漱石−漱石街歩き− サラリーマン転覆隊が来た! サラリーマン転覆隊 悪ガキオヤジが川に行く! そうだ、京都に住もう。 島旅ひとりっぷ 生きるのがラクになる椅子坐禅〜今日から始める禅的朝活〜 城バイリンガルガイド〜Bilingual Guide to Japan SAMURAI CASTLE〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  2. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ガウディ計画

    下町ロケット ガウディ計画

    池井戸潤
    本体720円+税

  4. 【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    赤城大空(著)魔太郎(イラスト)
    本体611円+税

  5. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

次回配信の予定

2018 11/16 金曜日
  • スキャンダル ~墓場まで持っていかない話~/高部務
  • ダンデライオン/中田永一
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 将棋編~命がけの棋譜(バトルロード)~/青山剛昌(原作)山岸栄一(まんが)斉藤むねお(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 国宝編~背中合わせの両雄(マエストロ)~/青山剛昌(原作)狛枝和生(まんが)海童博行(まんが)
  • 霧/桜木紫乃
  • 絵草紙屋万葉堂 初春の雪/篠綾子
  • 唐牛伝~敗者の戦後漂流~/佐野眞一
  • ここ過ぎて 白秋と三人の妻/瀬戸内寂聴
  • 白をつなぐ/まはら三桃
  • 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン/横田増生
  • 砂の街路図/佐々木譲
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第3話 百銃の女王(7)/片理誠(作・絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖80 妖刀/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • the座61号 人間合格(2008)/こまつ座
  • the座62号 父と暮せば(2008)/こまつ座
  • 福永武彦 電子全集2 『小説風土』、ロマンの創造。/福永武彦