老いて、若返る〜人生、90歳からが面白い〜

老いて、若返る〜人生、90歳からが面白い〜

著/日野原重明

著/堀文子

本体1080円 + 税

読む

内容紹介

ふたりで191歳の、ポジティブシンキング。

明治44年(1911)山口生まれの日野原重明は、京都帝国大学医学部を卒業、昭和16年より昭和52年まで聖路加国際病院に勤務。昭和55年同病院理事に。平成4年から平成8年まで同病院院長。平成13年に出した『生きかた上手』がベストセラーほか、数々の出版物を手がける。また『葉っぱのフレディ』を音楽劇に脚色するなど、多彩に活躍を続ける。現在99歳。
一方、大正7年(1918)東京生まれの堀文子は、女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業、戦後焼け野原だった青山にアトリエを構え、創作活動をしながら世界を放浪。大磯に移住後、軽井沢にもアトリエを持ち、自然や生命への神秘を作品にする。70歳でイタリアのトスカーナへ移住、その後もアマゾンやペルー、ヒマラヤなど、取材旅行を続け新しい作品を創作している。現在92歳。
このふたりが「芸術」、「人との関わり」、「命の尊さ」などを語る対談の中に、それぞれが日頃思っている「心の声」を挿入しながら構成する。口絵には堀の50年前の作品から最新作まで約10点を入れる(2011年4月発表作品)。

※この作品は一部カラーです。

同じジャンルの書籍から探す

ヒンシュクの達人(小学館新書) ゴーマニズム宣言NEO 1 浅草弾左衛門 第一巻 (天保青春篇・上) がんの花道 患者の「平穏生」を支える家族の力 フランス人は「ママより女」 逆説の日本史 別巻2 ニッポン風土記[東日本編] 三浦光世 電子選集 愛と光と生きること 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 なぎさホテル あやしい探検隊 焚火発見伝 上を向いて歩こう 奇跡の歌をめぐるノンフィクション 尾崎豊 覚え書き 逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] メール内「男心」連絡網 自分を生ききる -日本のがん治療と死生観- 大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」〜小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日〜 安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2017 12/1 金曜日
  • ありがとうのかんづめ~子育て短歌ダイアリー~/俵万智