「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

大越健介

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

徹底した現場主義で世界の潮流を読み解く。

1989年、ベルリンの壁が崩壊して以降、世界のあらゆる垣根を取り除こうとする「グローバリズム」の波が席巻した。しかし、今、垣根が取り除かれたはずの世界で新たな「壁」があちらこちらで築かれようとしている。その「壁の正体」とは何なのか? NHKのキャスター大越健介氏が徹底した現場主義を貫き、世界各地を巡りながら綴った取材ノートをもとに壁の正体に迫る一冊。
人気番組「激動の世界をゆく」(BS1)で訪れた中から「ジョンウンは道化師か」(北朝鮮)、「せりあがる国境」(メキシコ)、「疾走する民主主義」(台湾)、「ロシアをにらむ小国の矜持」(バルト三国)、「ポピュリズムの行方」(オランダ)、「終わらない欧州危機」(スペイン・ポーランド)、「寛容のイスラム」(インドネシア)、「もったいない国」(カザフスタン)、「魂に火をともす」(日本・五輪)の全9章で構成される。
小気味よくわかりやすい文章で綴られた。

同じジャンルの書籍から探す

宿命の子〜笹川一族の神話〜 色いろ花骨牌 エアー2.0 合本版 逆説の日本史 近世・江戸編 しっくりこない日本語(小学館新書) 不倫女子のリアル(小学館新書) 裁く技術 無罪判決から死刑まで(小学館101新書) ソニー 厚木スピリット 逆説の日本史15 近世改革編/官僚政治と吉宗の謎 虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 昭和のテレビ王 日本の未来について話そう −日本再生への提言− 世界遺産ビジネス(小学館新書) 開高 健 電子全集14 オーパ!/オーパ、オーパ!! バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ 目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 9/28 金曜日
  • 鬼嵐/仙川環
  • 天皇はなぜ紙幣に描かれないのか ~教科書が教えてくれない日本史の謎30~/三上喜孝
  • 下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤
  • さくら花店 ~毒物図鑑 夏の悪夢~/宮野美嘉(著)上条衿(イラスト)
  • なぞとき遺跡発掘部 ~甕棺には誰がいますか?~/日向夏(著)vient(イラスト)
  • 女神様の料理帖 ~恋の予感と思い出ごはん~/相内藍(著)くにみつ(イラスト)
  • 山口瞳 電子全集24 1987~1988年『行きつけの店』/山口瞳
  • 国立がん研究センターのがんとお金の本/片井均(監)大江裕一郎(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターのこころと苦痛の本~こころと体のつらさを和らげるためにできること~/清水研(監)里見絵理子(監)若尾文彦(監)
  • 国立がん研究センターの胃がんの本/片井均(監)朴成和(監)
  • 国立がん研究センターの大腸がんの本/金光幸秀(監)朴成和(監)齋藤豊(監)
  • 国立がん研究センターの乳がんの本/木下貴之(監)田村研治(監)
  • 国立がん研究センターの肺がんの本/渡辺俊一(監)大江裕一郎(監)伊丹純(監)
  • 国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本/島田和明(監)奥坂拓志(監)池田公史(監)