なぎさホテル

なぎさホテル

伊集院静

本体570円 + 税

読む

内容紹介

作家・伊集院静の原点が綴られた自伝的随想。

 1978年冬、若者は東京駅構内にいた。足元のトランクには数枚の衣類、胸のポケットにはわずかな金しかなかった。入社した広告代理店も一年半足らずで馘首され、酒やギャンブルに身を置いた末に、東京での暮らしをあきらめていた。生家のある故郷に帰ることもできない。
 そんな若者が、あてもなく立ち寄った逗子の海岸に建つそのホテルで温かく迎え入れらえる。
「いいんですよ。部屋代なんていつだって、ある時に支払ってくれれば」
 見ず知らずの自分を、家族のように受け入れてくれる“逗子なぎさホテル”の支配人や副支配人、従業員たち。若者はそれからホテルで暮らした七年余りの日々の中で、小説を書きはじめ作家デビュー、大人の男への道を歩き出す——。
 作家・伊集院静の誕生まで、若き日に向き合った彷徨と苦悩、それを近くで見守ってくれた人々との出逢いと別れ。名門ホテルは平成元年にその歴史に幕を閉じているが、目の前に海の広がるあの場所で過ごした時間は、今でも作家の夢の中に生き続けている。作家デビュー前夜からの大切な場所と時間を振り返り、作家としての原点を綴った貴重な自伝的随想。巻末には、文庫化にあたり書き下ろされた「あとがき」を追加収録。

同じジャンルの書籍から探す

倫敦から来た近代スポーツの伝道師 お雇い外国人F.W.ストレンジの活躍(小学館101新書) クラシック リバイバル 日本名城紀行6 三浦綾子 電子全集 遺された言葉 ロンドン・デイズ ウルトラマンになった男 戦争をしない国 明仁天皇メッセージ 絶望裁判5 〜監禁・偽装・ストーカー〜 三浦綾子 電子全集 さまざまな愛のかたち 世界のへんなおじさん 家族上手に生きる 真田昌幸 徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌 兵士に聞け 逆説の世界史1 An Upside-Down History of the World vol.1 “The Rise and Fall of Ancient Egypt and Confucian China” ヒンシュクの達人(小学館新書) 虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 開高 健 電子全集18 50代エッセイ大全

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 教場 2

    教場 2

    長岡弘樹
    本体1350円+税

  2. ガラパゴス 上

    ガラパゴス 上

    相場英雄
    本体1260円+税

  3. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。4

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

  4. ザ・ウルトラマン 1

    ザ・ウルトラマン 1

    内山まもる
    本体400円+税

  5. お弁当もやせるおかず 作りおき

    お弁当もやせるおかず 作りおき

    柳澤英子
    本体900円+税

次回配信の予定

2018 10/17 水曜日
  • 14歳、明日の時間割/鈴木るりか

2018 10/19 金曜日
  • アプリ婚~お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました~/新里碧
  • イヌなで ~aziさんの幸せになる犬マッサージ~/azi
  • 丁寧なのに簡単な季節のごはん~松田美智子料理教室「絶対の定番」~/松田美智子
  • 天国と、とてつもない暇/最果タヒ
  • ゆるレシピでからだクリーニング~その疲れ、もしかすると食べ過ぎでは?~/大越郷子(著)水野香織(著)
  • ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち/河合香織
  • かぞくいろ ―RAILWAYS わたしたちの出発―/大石直紀(著)吉田康弘(脚本)
  • 関西で飲もう~京都、大阪、そして神戸~/太田和彦
  • 偶然屋/七尾与史
  • 仕掛け絵本の少女/堀川アサコ
  • 妻籠め/佐藤洋二郎
  • 無痛の子 FEAR NOTHING/リサ・ガードナー(著)満園真木(訳)
  • わが心のジェニファー/浅田次郎
  • 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン15 Boy meets dead 4 結良斗とミレイ/八杉将司(作)nemnem(絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖79 あぐろおう/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • the座59号 小林一茶(2005)/こまつ座
  • the座60号 私はだれでしょう(2007)/こまつ座
  • 福永武彦 電子全集1 「草の花」体験、福永武彦の出発/福永武彦