「立原正秋 電子全集」

昭和文芸を代表する稀代の流行作家、史上初の完全全集

「生誕90周年記念」全26巻

立原正秋の小説、エッセイ、対談など全ての著作物をテーマ別に編集し、再構成した、新しい電子オリジナル個人全集です。

立原 正秋(たちはら まさあき)プロフィール

1926年朝鮮慶尚北道安東郡出身。早稲田大学専門部国文科中退。丹羽文雄主催の「文学者」に参加し、デビュー。自作の『薪能』『剣ヶ崎』が芥川賞、『漆の花』が直木賞候補となり、みずからを「純文学と大衆文学の両刀使い」と称して流行作家となる。1966年『白い罌粟』で第55回直木賞を受賞。大人の愛を描いた小説に人気があり、その清冽で硬質な叙情に満ちた作品は、日本の古典的な美を小説世界に描ける唯一の現代作家といわれた。また骨董に造詣が深く、世阿弥の「風姿花伝書」に傾倒し能を愛すと同時に、食通としても知られ、それらに言及したエッセイも多く、妥協のない独自の美意識を貫いた。代表作に『冬の旅』『残りの雪』『舞いの家』など。鎌倉の街をこよなく愛し続け、1980年永眠。2016年は生誕90年を迎える。

「立原正秋 電子全集」の特長
■小説、エッセイ、対談はもちろん、関連エッセイ、評論、評伝まで、立原正秋のすべてを完全網羅
■長女・立原幹氏が回想録「東ヶ谷山房 残像」を毎号テーマに沿って執筆
■各巻に、生原稿、スナップ写真等の「お宝」が付録として付く。
■立原正秋が終生愛した街・鎌倉を、作品シーンに沿って、孫・立原継望氏撮影の写真でカラフルに紹介
■立原ファンを自認する吉本ばなな氏が「立原正秋と私」を特別寄稿(第1回)

■全26巻を、2015年12月11日より毎月1巻ずつ約2年にわたり配信いたします。
■価格は、1巻本体1,800円(予定)+税
■各巻に、生原稿や、関連文章、写真等が付録として付きます。
■対象端末/電子書籍専用端末、スマートフォン、タブレット端末、PC。
■販売サイト/主要な電子書店
吉本ばなな氏推薦
立原正秋の世界は、私 が帰っていく青春の場所、永遠にうつろわない故郷のような世界だ。

私が立原正秋さんの小説を好きだと言うと意外だと言われることが多いが、まれに「ああ、わかります」と言ってくださる方がいる。そういうとき「作者は読者を選ぶべきではない」ということをふまえたうえでも、私と立原先生の小説にある共通点を感じ取ってくれる人がいることを心から嬉しいと思う。 ※第1回配信「冬の旅……水仙」特別寄稿「立原正秋と私」より

■第19回配信「短編集Ⅲ 渚通り」2017年6月9日
 
第19回配信「短編集Ⅲ 渚通り」

詳細はこちら

  作品名 関連エッセイ 付録

光と風
渚通り

寒い冬
競馬
女の手紙
双頭の舵
七月の弥撒
船の旅
わかれ
行く川
曠野
対談「われら少年院の卒業生」

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 十九」
●(エッセイ)「男の着物」
●(評伝)立原正秋伝「挿話」

●付録1「特別資料」(19)
・「光と風」生原稿
・「七月の弥撒」生原稿
・「わかれ」生原稿
●付録2「写真でたどる立原正秋作品の世界」(10)
・材木座
・小坪
・桜山
・剣崎
●付録3 単行本初版書影写真

■第20回配信「男と女Ⅱ きぬた」2017年7月14日
 
第20回配信「男と女Ⅱ きぬた」

詳細はこちら

  作品名 関連エッセイ 付録

きぬた
狂い花
おんなの足音
枯野
夢は枯野を

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十」
●(エッセイ)「 『他人の自由』から『帰路』までの交際」
●(評論)「きぬた」論
●(評論)「夢は枯野を」

●付録1「特別資料」(20)
・「きぬた」生原稿
・「狂い花」生原稿
●付録2「写真でたどる立原正秋の軌跡」(8)
●付録3 立原正秋小説事典より------- 参考(注釈一覧集)
●付録4 単行本初版書影写真

■第21回配信「女の部屋 作家の分身・更級」2017年8月11日
 
第21回配信「女の部屋 作家の分身・更級」

詳細はこちら

  作品名 関連エッセイ 付録

女の部屋
乾いた十月
果樹園への道
流れのさなかで
対談「文学早慶戦」 

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十一」
●(エッセイ)「三國の蟹」

●付録1「特別資料」(21)
・「女の部屋」生原稿
・「流れのさなかで」TV台本
●付録2「立原正秋mini album」(4)
●付録3「立原正秋が愛した鎌倉」(4)
・鎌倉の美しい花々
●付録4 「追想----夫 立原正秋(前篇)」
●付録5 立原正秋小説事典より-------- 舞台 東京
●付録6 単行本初版書影写真

■第22回配信「短編集Ⅳ 雪の朝」2017年9月8日
 
第22回配信「短編集Ⅳ 雪の朝」

詳細はこちら

  作品名 関連エッセイ 付録

往きて還らざる
橋の上
野づら
沙魚
雪の朝

錆鮎
くれない
荻野村にて
山椒の木のある家
埋葬
吾亦紅
一夜の宿
埋火
交喙の嘴

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十二」
●(エッセイ)「茶花」
●(エッセイ)「立原正秋」高橋一清

●付録1「特別資料」(22)
・「往きて還らざる」生原稿
・「往きて還らざる」手入れ校正刷り
・「雪の朝」生原稿
●付録2「写真でたどる立原正秋の軌跡」(9)
●付録3「追想----夫 立原正秋(後篇)
●付録4 立原正秋美学辞典
●付録5 単行本初版書影写真

■第23回配信「文学について エッセイⅣ」2017年10月13日
 
第23回配信「文学について エッセイⅣ」   作品名 関連エッセイ 付録

「文学と、その周辺」(全159篇)
創刊の辞~方丈記
刃物~会ってみたい人
気づまりにならない人~新聞記者の文章
世阿弥の教養《風姿花伝》について
(跋扈)「剣ケ崎」後記~秘めた愛惜
講演 1979年12月3日 早稲田大学にて

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十三」

●付録1「特別資料」(23)
・「寒椿-三島由紀夫の死」生原稿
・「滅亡を生きた人-追悼武田泰淳」生原稿
●付録2「立原正秋が愛した鎌倉」(5)
・鎌倉の美しい花々
●付録3 東ヶ谷山房日録
●付録4 書簡
●付録5 単行本初版書影写真

■第24回配信「その年の冬 晩年」2017年11月10日
 
第24回配信「その年の冬 晩年」   作品名 関連エッセイ 付録

その年の冬
帰路
対談「西洋体験と日本への回帰」

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十四」
●(エッセイ)夏を冬にかえて----その年の立原正秋
●(エッセイ)光と影
●(評論)「帰路」論

●付録1「特別資料」(24)
・「その年の冬」生原稿
・「その年の冬」(作者のことば)生原稿
・「帰路」生原稿
・「帰路」寄贈先メモ(自筆資料)
●付録2「写真でたどる立原正秋の軌跡」(10)
●付録3 立原正秋小説事典より----------舞台 外国
●付録4 単行本初版書影写真

■第25回配信「人生について エッセイⅤ」2017年12月8日
 
第25回配信「人生について エッセイⅤ」   作品名 関連エッセイ 付録

「人生について」(全62編)
イエスとユダについて~流れについて
喧嘩術入門
鼎談「立原作品を語る」

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十五」
●(エッセイ)「ヒロイン幻想」
●(エッセイ)「関寺小町」

●付録1「特別資料」(25)
・「愛をめぐる人生論」原稿:初出「小説新潮」
●付録2「立原正秋が愛した鎌倉」(6)
・鎌倉の美しい花々
●付録3 単行本初版書影写真

■第26回配信「冬のかたみに その生涯」2018年1月12日
 
第26回配信「冬のかたみに その生涯」   作品名 関連エッセイ 付録

冬のかたみに
猷修館往還
たびびと
山水図
ある父子(金胤奎)
対談「悟りと断念」
対談「立原文学と人生の軌跡」

●(回想録)「東ヶ谷山房 残像 二十六」
●(エッセイ)「鳳停寺」
●(評伝)立原正秋伝「死」
●(評論)「たびびと」 

●付録1「特別資料」(26)
・「冬のかたみに」(幼年時代)生原稿
・「冬のかたみに」(建覚寺山門前)生原稿
・「猷修館往還」生原稿
・「猷修館往還」手入れ校正刷り
●付録2「写真でたどる立原正秋の軌跡」(11)
●付録3 年譜
●付録4 単行本初版書影写真

※なお、上記の巻立て展開につきましては、発行月および作品選択につきまして、変動等がありえますことを、ご了承ください。