わたしのペンは鳥の翼

わたしのペンは鳥の翼

著/アフガニスタンの女性作家たち

訳/古屋美登里

本体1890円 + 税

読む

内容紹介

アフガンの女性作家たちによる23の短篇集。

書くことがこんなにも強靭な抵抗になるなんて。
この炎のような短篇集を読み、語り合うことで、彼女たちの命懸けの戦いにくわわろう。——柚木麻子

早急に、世界に届けられなければならない声がある。
そしてその声は、物語の力を借りて、何より強いものとなる。——西加奈子

どんなに過酷な現実が目の前にあっても私たちは描く。
ペンを持っている間だけ心は自由に空を飛べるから。——窪美澄

 抑圧・蹂躙され口を塞がれた女性たちがペンを執り、鳥の翼のように自由に紡ぎ出した言葉の数々。女性嫌悪、家父長制、暴力、貧困、テロ、戦争、死。一日一日を生き抜くことに精一杯の彼女たちが、身の危険に晒されても表現したかった自分たちの居る残酷な世界と胸のなかで羽ばたく美しい世界。
 アフガニスタンの女性作家18人が紡ぎ出す、心揺さぶる23の短篇集。

同じジャンルの書籍から探す

トヨトミの野望 それいゆ文庫 傾国の美姫はステータス変更で素手喧嘩無敗になりました 中上健次 電子全集8 『エッセイ集 1970年代〜80年代』 へんぶつ侍、江戸を走る マザー 福永武彦 電子全集10  『ゴーギャンの世界』、彼方の美を追い求めて。 いじめ14歳のMessage ダンデライオン 介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です ケイリン探偵ゆらち 女流漫画家殺人事件 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖28 蛇精 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 天国へのカウントダウン トヨトミの世襲〜小説・巨大自動車企業〜 反時計回りのシャーロック 夢幻∞シリーズ つくもの厄介12 這う女 大番 上

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/