ミニシアターの六人

ミニシアターの六人

小野寺史宜

本体1440円 + 税

読む

内容紹介

スクリーンは奇跡を映す。観客の人生にも。

銀座のミニシアターで、二年前に亡くなった末永静男監督の追悼上映が行われている。二十一年前に公開された『夜、街の隙間』、上映は一週間だけ。最終日前日、午後四時五十分の回。観客は六人だった。
この映画館で働いていた三輪善乃は、公開当時にチケット売場の窓口にいた。山下春子にとっては、大学の同級生と成り行きで観に行った作品だ。自主映画を撮っていた安尾昇治は、末永のデビュー作でその才能を目の当たりにし、道を諦めた過去がある。沢田英和は、この作品に元恋人との苦い思い出があった。誕生日デートのはずだった川越小夏は、一人でスクリーンを眺めている。映画監督を目指す本木洋央は、生物学上の父親が撮った作品を観に来ていた……。
観客たちの人生と、『夜、街の隙間』のストーリーを行き来しながら、出会いとすれ違い、別れを繰り返す日々の中にある奇跡を鮮やかに描く。
『ひと』の著者が銀座という街とミニシアター、そして映画への愛をも描き切った渾身の人生讃歌。

同じジャンルの書籍から探す

浅草弾左衛門 第二巻 (天保青春篇・下) 魔女の結婚 〜愛し子の世界征服を手伝いますが、転生のことは秘密です〜 未成年だけどコドモじゃない 真田十勇士 鍼師おしゃあ 幕末海軍史逸聞 県警の守護神 〜警務部監察課訟務係〜 浅き夢見し この道【音源なし】 ちょうかい 未犯調査室 1 大正野球娘。2 〜土と埃にまみれます〜 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖46 大川のみづち 王妃になった魔女様は孤独な悪魔に束縛される P+D BOOKS イサムよりよろしく ぼくたちと駐在さんの700日戦争26 鱗姫 百年厨房

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/