第4の波 〜大前流「21世紀型経済理論」〜

第4の波 〜大前流「21世紀型経済理論」〜

大前研一

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

「AI革命」の本質を日本人はまだ知らない。

AI(人工知能)を駆使した新サービスの登場で、シンギュラリティの到来は予想以上に早まっている——。

かつて未来学者のアルビン・トフラーは、世界的ベストセラー『第3の波』において、近現代の文明を支配していた巨大な潮流と、1980年代以降の世界の変化の波を、ものの見事に分析してみせた。「第1の波」=農業革命、「第2の波」=産業革命に続き、「第3の波」=情報革命によってもたらされる情報化社会の到来を予見したのだった。

そして今、トフラーと親交があり、互いを認め合った世界的経営コンサルタントが、畏友の考え方をヒントにして、最新の世界潮流を解説する——。

〈現在は、トフラー氏が生きていた時代には予想すらされていなかった技術やシステムが登場し、「第4の波」というべき全く新しい社会が到来している。もし今もトフラー氏が生きていたら、この「第4の波」について考察し、新たな著書を執筆していたに違いない。だから、亡き友に代わって私がそのテーマに取り組みたいと考えたのである。〉——プロローグ

「第4の波」とは何か? それは21世紀に入って劇的に進化した「AI(人工知能)&スマホ革命」が世の中にもたらす変化であり、21世紀は、いち早くこの波の特徴を捉えた者が富を独占する。だが、AIが人類の知能を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」へと達する「第4の波」の後半には、大規模なレイオフ(解雇)が発生すると予想される。

果たして、この「第4の波」の激変の中で活躍できるのは、どのような人材なのか?
そして、AIに置き換えられない仕事とは——。

21世紀に生き残るために、来たるべき未来の「図式」を提示する「希望の書」。

(底本 2023年2月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

開高 健 電子全集14 オーパ!/オーパ、オーパ!! 津波の夜に 3.11の記憶 韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書) コミック版 やってはいけない老後対策 メタルカラーの時代1 日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞 凶暴老人〜認知科学が解明する「老い」の正体〜(小学館新書) 天皇論「日米激突」(小学館新書) 職業としてのヤクザ(小学館新書) 絶望裁判5 〜監禁・偽装・ストーカー〜 ファスト・カレッジ 〜大学全入時代の需要と供給〜(小学館新書) ある日、戦争がはじまった 12歳のウクライナ人少女イエバの日記 語られなかった皇族たちの真実 ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) 太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編 暮らしの新常識109 〜ウィズコロナ時代に後悔しない〜

次回配信の予定

2024 5/22 水曜日
  • 葬られた本の守り人/ブリアンナ・ラバスキス、高橋尚子
  • ドラえもん学びワールドspecial みんなのためのアート入門/藤子・F・不二雄

2024 5/24 金曜日
  • サメにゃん/ぢゅの
  • 小学館ジュニア文庫 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-不屈の熱戦/伊豆平成、高瀬志帆
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 服部平次セレクション 浪速の相棒/酒井匙、青山剛昌
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/