第4の波 〜大前流「21世紀型経済理論」〜

第4の波 〜大前流「21世紀型経済理論」〜

大前研一

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

「AI革命」の本質を日本人はまだ知らない。

AI(人工知能)を駆使した新サービスの登場で、シンギュラリティの到来は予想以上に早まっている——。

かつて未来学者のアルビン・トフラーは、世界的ベストセラー『第3の波』において、近現代の文明を支配していた巨大な潮流と、1980年代以降の世界の変化の波を、ものの見事に分析してみせた。「第1の波」=農業革命、「第2の波」=産業革命に続き、「第3の波」=情報革命によってもたらされる情報化社会の到来を予見したのだった。

そして今、トフラーと親交があり、互いを認め合った世界的経営コンサルタントが、畏友の考え方をヒントにして、最新の世界潮流を解説する——。

〈現在は、トフラー氏が生きていた時代には予想すらされていなかった技術やシステムが登場し、「第4の波」というべき全く新しい社会が到来している。もし今もトフラー氏が生きていたら、この「第4の波」について考察し、新たな著書を執筆していたに違いない。だから、亡き友に代わって私がそのテーマに取り組みたいと考えたのである。〉——プロローグ

「第4の波」とは何か? それは21世紀に入って劇的に進化した「AI(人工知能)&スマホ革命」が世の中にもたらす変化であり、21世紀は、いち早くこの波の特徴を捉えた者が富を独占する。だが、AIが人類の知能を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」へと達する「第4の波」の後半には、大規模なレイオフ(解雇)が発生すると予想される。

果たして、この「第4の波」の激変の中で活躍できるのは、どのような人材なのか?
そして、AIに置き換えられない仕事とは——。

21世紀に生き残るために、来たるべき未来の「図式」を提示する「希望の書」。

(底本 2023年2月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

赤ちゃんをわが子として育てる方を求む 最下層女子校生〜無関心社会の罪〜(小学館新書) 震える牛 消された信仰 「最後のかくれキリシタン」−−長崎・生月島の人々 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 チェアウォーカーという生き方 私は車椅子で歩く。昨日も、今日も、明日も(小学館101新書) 娘のトリセツ(小学館新書) 逆説の日本史 別巻5 英雄と歴史の道 週刊ポストsepia 昭和の最強軍団 煩悩ディスタンス 宇宙を生きる〜世界を把握しようともがく営み〜 歌舞伎町のミッドナイト・フットボール −世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間− 日本史真髄(小学館新書) 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第6巻 土地の神話 「日本バイアス」を外せ!〜世界一幸せな国になるための緊急提案15〜 いのちのギフト〜犬たちと私から送る勇気のエール〜

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/