はなさかじいさん 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜

はなさかじいさん 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜

文/こわせたまみ

絵/井江春代

本体70円 + 税

読む

内容紹介

【名作絵本のデジタル復刻!】日本が元気だった頃、多くの子どもたちに親しまれてきた厚紙の絵本。美しい絵、文章のリズム、ことばの楽しさ、当時活躍した実力派絵本作家の子どもへの熱い思いが伝わってきます。親から子へ語り継ぎたい名作絵本シリーズ!!
心優しいじいさんは犬に教えられて宝物を掘り出したり、枯れ木に花を咲かせて殿様からご褒美をもらうのに、隣の欲張りじいさんは、そのまねをして失敗し、縛られてしまう。善悪の区別の明確さと、話が次々に展開していく軽快さが魅力です。
子どもは大好きな絵本を何度も見るものです。最初は絵を眺めているだけ。でも絵から内容を理解しはじめます。親が読んでくれる声と絵とが一緒になって、心の中にイメージが広がっていきます。こうしてお話を記憶していきます。そのうちに文字が読めるようになり、想像力がさらに膨らんでいきます。心優しい人には幸せがくる、欲張りはダメといった単純な教訓だけではありません。大好きな昔話から子どもが獲得するもっとも貴重なものは、その子その子で色合いが違う豊かな想像力そのものなのです。

※この作品はカラー版です。

同じジャンルの書籍から探す

マッチうりのしょうじょ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜 小学館ジュニア文庫 天才発明家ニコ&キャット 小学館ジュニア文庫 白魔女リンと3悪魔 スター・フェスティバル あさのあつこ短編小説 夏を見上げて。 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 小学館ジュニア文庫 華麗なる探偵アリス&ペンギン ミステリアス・ナイト ながぐつをはいたねこ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜 ダレン・シャン8 真夜中の同志 ダレン・シャン1 奇怪なサーカス 小学館ジュニア文庫 12歳。アニメノベライズ 〜ちっちゃなムネのトキメキ〜1 タレント絵本シリーズ2 ぼくはくじら(音声付) 小学館ジュニア文庫 怪盗ジョーカー 銀のマントが燃える夜 小学館ジュニア文庫 いじめ−友だちという鎖− 小学館ジュニア文庫 12歳。アニメノベライズ〜ちっちゃなムネのトキメキ〜2 小学館ジュニア文庫 華麗なる探偵アリス&ペンギン トラブル・ハロウィン 小学館ジュニア文庫 ゆめ☆かわ ここあのコスメボックス〜ヒミツの恋とナイショのモデル〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  2. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ガウディ計画

    下町ロケット ガウディ計画

    池井戸潤
    本体720円+税

  4. 【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    赤城大空(著)魔太郎(イラスト)
    本体611円+税

  5. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

次回配信の予定

2018 11/16 金曜日
  • スキャンダル ~墓場まで持っていかない話~/高部務
  • ダンデライオン/中田永一
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 将棋編~命がけの棋譜(バトルロード)~/青山剛昌(原作)山岸栄一(まんが)斉藤むねお(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 国宝編~背中合わせの両雄(マエストロ)~/青山剛昌(原作)狛枝和生(まんが)海童博行(まんが)
  • 霧/桜木紫乃
  • 絵草紙屋万葉堂 初春の雪/篠綾子
  • 唐牛伝~敗者の戦後漂流~/佐野眞一
  • ここ過ぎて 白秋と三人の妻/瀬戸内寂聴
  • 白をつなぐ/まはら三桃
  • 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン/横田増生
  • 砂の街路図/佐々木譲
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第3話 百銃の女王(7)/片理誠(作・絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖80 妖刀/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • the座61号 人間合格(2008)/こまつ座
  • the座62号 父と暮せば(2008)/こまつ座
  • 福永武彦 電子全集2 『小説風土』、ロマンの創造。/福永武彦