宮尾登美子 電子全集4『春燈/湿地帯』

宮尾登美子 電子全集4『春燈/湿地帯』

宮尾登美子

本体1400円 + 税

読む

内容紹介

宮尾の思春期がモチーフの『春燈』、ミステリー恋愛小説『湿地帯』を収録。付録はドラマ『春燈』の脚本家にエピソードを訊く!

宮尾は30年近い歳月をかけて、自伝四部作を書き上げた。『春燈』はそのひとつで『櫂』の続編にあたり、宮尾自身をモデルとした綾子の多感な思春期を描いている。父の稼業が原因で教師から差別されていると感じた綾子が、父を憎み激しく反抗する姿に宮尾の複雑な心境が窺われ、「もっとも書きにくかった」と述べている作品だ。
『湿地帯』は宮尾が上京する前、38歳の時の作品で、高知新聞に“前田とみ子”のペンネームで初連載をした長篇である。高知を舞台にしたミステリー仕立ての恋愛小説で、異色の宮尾作品といわれている。

付録は『春燈』『藏』のテレビドラマ化の際、脚本を手がけた中島丈博のインタビューを掲載。両親が高知出身で、自身も10歳から高知で育った中島が、ドラマ化の際に見せていた宮尾の素顔を語る。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

長崎新地中華街の薬屋カフェ 中秋の月に照らされて 誤診 ギフト、ぼくの場合 あやかし斬り 千年狐は虚に笑う 殺した夫が帰ってきました 小学館ジュニア文庫 謎解きはディナーのあとで 2 ミシン2/カサコ 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖97 番外編の壱 沓脱石 恋愛体験ノベル Almost True Story5 ケータイの声【短編】 〜ぶりっ子OLカナのおバカな失恋〜 夢幻∞シリーズ つくもの厄介14 ゆかんば買い 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖89 千鬼夜行 三浦綾子 電子全集 広き迷路 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖26 肉づきの面 満月の夜、モビイ・ディックが 鳥と港 罪

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/