高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第5巻 高橋和巳 小説3『憂鬱なる党派』ほか

高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第5巻 高橋和巳 小説3『憂鬱なる党派』ほか

高橋和巳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

高橋和巳が自身の青春の総括として、学生運動で傷ついた世代の10年後の「生」を辿った長編『憂鬱なる党派』等で構成する一巻。

学生運動で傷ついた世代の10年後の「生」を辿った長編『憂鬱なる党派』と、自身が育った地域(貧民街)を舞台にした“高橋和巳文学の原景”を鮮烈に描いた短編「貧者の舞い」を収録した一巻。
『憂鬱なる党派』は出世作『悲の器』より早く、雑誌「VIKING」108号(1959年8月)から連載開始されるも、122号(1960年10月)に第七章(一)まで11回分連載された後中断、丸5年放置された後、1965年11月に完全版として全十六章建てで単行本として発売となった。
この長編は、高橋自身が属した「京大文芸同好会」(後に「京大青年作家集団」)での体験が下地となって記されている。
主人公・西村と同様に、高橋自身も無期停学処分を受けた学友のために処分撤回のハンストに参加しており、まさに自身の青春の総括ともいえる作品。
当巻では、『憂鬱なる党派』の完全版はもちろん、連載中断となった「VIKING」連載の初出版も併録する。
「貧者の舞い」は「世界」1964年12月号に初出掲載された短編。その小説の原型が、1955年の「文學界」新人賞に応募したものだといわれている。
同年の新人賞は後の芥川賞作品『太陽の季節』(石原慎太郎)だった。
解説は、文芸評論家・黒古一夫氏が務め、解題は和己巻の監修者を務める作家・太田代志朗氏が担当。付録として『憂鬱なる党派』の生原稿等を収録する。

※この作品は一部カラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』 あさのあつこ短編小説 夏を見上げて。 怖い夜 色川武大・阿佐田哲也 電子全集7 色川武大の原点——「黒い布」から『生家へ』まで 凛冽の宙 三浦綾子 電子全集 毒麦の季 山口瞳 電子全集4 『男性自身 IV 1976〜1979年』 それいゆ文庫 あなたの、そして誰かのお弁当 〜あけぼの町三丁目 みんなのお弁当物語〜 夢幻∞シリーズ つくもの厄介14 ゆかんば買い 蟋蟀 アンダークラス 派遣社員あすみの家計簿 2 こっこ屋のお狐さま 銀の嵐と黒狐 消滅のリスト 恋愛寫眞 もうひとつの物語 いぬ馬鹿

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/