庄野潤三電子全集 第5巻 1964〜1967年「夕べの雲」ほか

庄野潤三電子全集 第5巻 1964〜1967年「夕べの雲」ほか

庄野潤三

本体2500円 + 税

読む

内容紹介

家族小説の傑作「夕べの雲」(第17回読売文学賞受賞)に「流れ藻」「雉子の羽」と三つの長編を含め、1964年から1967年に発表された15編を初出順に収録。

1961年4月、庄野潤三一家は、石神井公園から多摩丘陵の丘の上の一軒家(川崎市生田)に引っ越しをする。最寄駅からは遠いが、見晴らしが素晴らしく、日当たりが良く明るい場所を庄野夫妻は気に入り家を建てる。後に“山の上の家”と呼ばれ、数々の家族小説の舞台となった場所である。
その3年半後の1964年9月6日から日本経済新聞紙上で「夕べの雲」の連載が始まる。
“——生田の山の上に引っ越してきてからのことを含めて現在の生活を取り上げてみようと思っている。「いま」を書いてみようと思っている——”。生田の山の上に移り住み、そこに根をおろしていく家族の姿を描いた「夕べの雲」は庄野文学の代表的作品となる。

このほか、長編「流れ藻」「雉子の羽」、単行本『丘の明り』に収録された「蒼天」「曠野」「つれあい」「冬枯」「行きずり」「秋風と二人の男」「まわり道」「山高帽子」「卵」「丘の明り」に、「鉄の串」「佐渡」を収録。

解題は監修を務める日本文学研究者・上坪裕介氏が担当。
付録として「雉子の羽」の生原稿冒頭、「夕べの雲」寄せ書き色紙 等を収録する。

※この作品は一部カラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

ぼくたちと駐在さんの700日戦争6 大人ドロップ 口中医桂助事件帖9 幽霊蕨 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖23 白狐 ある意味、ここじゃないような気がするんですけど ちょんまげぷりん 前科者 下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 魔女の結婚 〜愛し子との婚約は破棄します〜 長崎新地中華街の薬屋カフェ 中秋の月に照らされて 栗本薫・中島梓傑作電子全集22 [伊集院大介 IV] 毒警官 猫町くんと猫と黒猫 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖36 神無月 逆転裁判 骨ん中

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/