桜の木の見える場所

桜の木の見える場所

著/パオラ・ペレッティ

訳/関口英子

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

少しずつ見えなくなる恐怖と闘う勇気の物語。

子どもはだれだって暗やみがこわい。
でも、マファルダがこわいのは、目のなかにある暗やみだ。
真っ暗闇が訪れるまで、長くてもあと半年−−。

ある日、9歳のマファルダは、少しずつ視力が失われる難病と診断される。
目が見えなくなるってどういうことだろう?
目隠しして歩いてみる。暗やみでも歩けるのかどうかを試してみたかったのだ。
暗やみでくらすようになったら、どうすれば色がわかるのだろう?
不安は、どんどんふくらんだ。
それから、マファルダは、やっておきたいことのリストを作り始めた。

少しずつ見えなくなっていく、失明の恐怖を、少女の一人称で語られる物語は、読む人の心を打つ。
作者自身の体験にもとづいた、生に対する痛いほどの愛情がこめられた、感動の物語。

同じジャンルの書籍から探す

小学館世界J文学館 シートン動物記 小学館版 学習まんが人物館 シートン 彼女の存在、その破片 派遣社員あすみの家計簿  other girls 小学館ジュニア文庫 華麗なる探偵アリス&ペンギン ゴースト・キャッスル 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖5 漆黒の飛礫 P+D BOOKS 志ん生一代 上・下巻 合本版 カラー名作 少年少女世界の文学 海底二万里 小学館ジュニア文庫 ある日 犬の国から手紙が来て〜家族の樹〜 アルテミスの涙 ちょうかい 未犯調査室 2 未だ王化に染はず 胡蝶殺し 栗本薫・中島梓傑作電子全集29 [伊集院大介 VI] 山口瞳 電子全集5 『男性自身 V 1980〜1983年』 小学館世界J文学館 シカゴよりこわい町

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/