名探偵コナン理科ファイル 太陽と月の秘密 小学館学習まんがシリーズ

名探偵コナン理科ファイル 太陽と月の秘密 小学館学習まんがシリーズ

原作/青山剛昌

監修/ガリレオ工房

まんが/太田勝

まんが/窪田一裕

本体560円 + 税

読む

内容紹介

理科で学ぶ「太陽と月」のすべてがわかる!新学習指導要領に完全準拠!

大好評を博している『名探偵コナン』の学習まんがに新しいシリーズが加わりました。その名も、『名探偵コナン理科ファイル』!
 本シリーズの内容は、2011年4月から完全実施が始まった新学習指導要領に完全準拠しています。主な特長は以下の通りです。
@新学習指導要領対応の教科書に合わせて、学習単元ごとに分冊しているのでとても学びやすい。
@教科書の副読本として、授業で学ぶ内容の予習・復習が一人でできる。
@小学校の教科書で学ぶ基礎的な学習内容だけでなく、中学校で履修する発展学習的な内容も盛り込んであるので、実生活で活用できる科学の知識がわかる。
 主人公・江戸川コナンが少年探偵団とともに数々の謎を解決していく『名探偵コナン』は、自然界の真理を実験や観察を通して解き明かしていく、“理科”という教科にぴったりのキャラクターです。
ぜひ『名探偵コナン理科ファイル』で、楽しく理科を学んでいってください。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

名探偵コナン実験・観察ファイル サイエンスコナン 宇宙と重力の不思議 小学館学習まんがシリーズ 学習まんが はじめての日本の歴史14 新しい日本 ドラえもんの社会科おもしろ攻略 日本の歴史 2 鎌倉時代〜江戸時代前半 宇宙のクライシス 科学学習まんが クライシス・シリーズ 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 福沢諭吉 夢と冒険の旅 世界一周ガイド〜小学生のミカタ〜 学習まんが 少年少女 人物日本の歴史 聖徳太子 名探偵コナン実験・観察ファイル サイエンスコナン 解明! 身のまわりの不思議 小学館学習まんがシリーズ マンガで体験! 人気の仕事〜小学生のミカタ〜 ワンダーキッズペディア1 地球の歴史1 〜恐竜の時代〜 小学館版 学習まんが人物館 シートン ワンダーキッズペディア13 科学2 〜科学がわかる!〜 名探偵コナン実験・観察ファイル サイエンスコナン 名探偵の不思議 小学館学習まんがシリーズ 小学館版学習まんが 世界の歴史 6 中世ヨーロッパ 学習まんが 少年少女日本の歴史9 立ちあがる民衆 —室町時代後期— ドラえもん三年生 学年別ドラえもん名作選

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 10/20 水曜日
  • クイズでわかる! 世界の国と国旗~小学生のミカタ~/陰山英男
  • ボーダーライト/今野敏

2021 10/21 木曜日
  • 棺桶出せるか ~田沼家の快適リフォーム顛末記/田沼武能、田沼敦子
  • で、やせたの? ~まんがでもわかる人生ダイエット図鑑~/野原広子、有田リリコ
  • わが子がやる気になる伝え方 ~性格3タイプ別の声がけで自己肯定感が高くなる~/稲場真由美

2021 10/22 金曜日
  • 官能文学電子選集 藍川京『紅蕊日記』/藍川京
  • 官能文学電子選集 菅野温子『脱皮』/菅野温子
  • 官能文学電子選集 館淳一『背徳の眩暈』/館淳一
  • 官能文学電子選集 丸茂ジュン『痴女伝説』/丸茂ジュン
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第3巻 高橋和巳 小説2『悲の器』ほか/高橋和巳