P+D BOOKS 暗い夜の私

P+D BOOKS 暗い夜の私

野口冨士男

本体700円 + 税

読む

内容紹介

昭和10年代〜戦後の文壇の舞台裏を描く。

——個々の作品が独立した短編であることはいうまでもないが、連続性を意図して執筆したことも事実であった。いわゆる連作であるが、変則的な長編といえるかもしれない。(あとがきより)——
 文芸雑誌「行動」の編集者だった時代を描いた「浮きつつ遠く」、二・二六事件前後の作家たちとの交流を扱った「そのとき私は」、戦時中の文人たちの姿を活写した「暗い夜の私」、戦後の雑誌界や日本文芸家協会について触れる「真暗な朝」など、年代ごとの文壇の様子や作家の生の姿が垣間見える秀作短篇集。
 他に「ほとりの私」「深い海の底で」「彼と」の計7篇を収録。

同じジャンルの書籍から探す

影 BANANA FISH #3 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ21 ミッチ P+D BOOKS 別れる理由4 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ19 マリロー2 慚愧の赤鬼 修法師百夜まじない帖 巻之二 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖12 義士の太鼓 十津川警部 犯人は京阪宇治線に乗った iレイチェル〜The After Wife〜 RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 P+D BOOKS 金環蝕(上) 秋の森の奇跡 始まりの木 殻割る音 愛妹草紙 十死零生の剣 ほどなく、お別れです 思い出の箱

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/