国家と犯罪

国家と犯罪

船戸与一

本体750円 + 税

読む

内容紹介

冒険小説の雄が世界の辺境を歩いた傑作ルポ

「わたしは比較的辺境を旅することが多いが、ときどき眩暈を覚えるような光景に出くわすことがある。そこでは人間があまりにも簡単に殺されるのだ……。
 国家に対する犯罪。
 国家による犯罪。
 本書はその二つの相関についてのささやかな旅の報告である」(「序にかえて」より)
 キューバ、メキシコ、中国、クルディスタン、イタリア…世界の辺境では、いま何が起きているか?
 『山猫の夏』『砂のクロニクル』など傑作冒険小説を描き続ける作家が世に問うた巨弾ルポルタージュ。

同じジャンルの書籍から探す

「リーダーの条件」が変わった 「危機の時代」を乗り越える新しい統率力(小学館101新書)  色川武大・阿佐田哲也 電子全集 19 色川武大 後期小説集『引越貧乏』『明日泣く』ほか アフガンの息子たち 孫むすめ捕物帳 かざり飴 鴨川食堂いつもの 九十九神曼荼羅シリーズ デリヘル1 小さなストラップ チューバはうたう—mit Tuba 鸚鵡楼の惨劇 仕掛け絵本の少女 立原正秋 電子全集25 『人生について エッセイV』 逆説の日本史4  中世鳴動編/ケガレ思想と差別の謎 ルポ 国際ロマンス詐欺(小学館新書) 火の神さまの掃除人ですが、いつの間にか花嫁として溺愛されています 負けくらべ それいゆ文庫 姫さまはいつも、死体の上に立っている。 〜後宮入りで最強になりました!〜 祇園「よし屋」の女医者

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/