付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘

付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘

金子成人

本体600円 + 税

読む

内容紹介

時代劇の伝説的脚本家、小説も大ヒット!

第一話 箱入り娘
六平太は不意の付添いが縁で、播磨石郷藩米倉家のお抱え屋敷に出入りするようになる。屋敷の主・お佐江の方の娘、結衣の輿入れが決まった。西国へ嫁ぐ前に、六平太は結衣を江戸見物に連れ出す。
第二話 島抜け
ひと月前、伊豆大島で三人の島抜けがあり、一人の消息がつかめない。男は兇盗・黒弥陀の一味だったくちなわの惣兵衛。黒弥陀は六年前、内部の裏切りにより全員が捕らえられた。一味を売った丑松は、半次と名を変え、六平太も通う元鳥越の髪結い「きのし床」を営んでいた。
第三話 神隠し
秋月六平太は、困っていた。神田「紙半」の娘・お夏の行き先は、なにがなんでも野巫(町場の陰陽師)の御託宣に従うからだ。大川の川開きの当日、お夏は夕刻から花火見物でごった返す両国に出かけると言い出した。案の定、六平太は大川の橋の袂でお夏を見失う。
第四話 藪入り
夏の藪入りの十六日、六平太は竹木炭薪問屋「田丸屋」の丁稚奉公・幸助と深川にやってきた。幸助は一年前の夏に父を亡くした。その年の藪入りに実家のある下谷の裏店に行くと、母の姿はなく知らない家族が住んでいたという。幸助の母・おれんは、深川で男に売られていた。

同じジャンルの書籍から探す

九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖11 慚愧の赤鬼 らんたん 提灯奉行 浅き夢みし 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖106 むつとの別れ・上 八卦置き 1793 高野山 三浦綾子 電子全集 海嶺(中) 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖72 高野丸・下 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖34 四神の嘆き さんばん侍〈二〉 麒麟が翔ぶ 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖56 大筆小筆 柳生十兵衛死す(上)   突きの鬼一 春雷 醇堂影御用3 道を尋ねた女 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖65 異形の群(上) 天正十二年のクローディアス 自選短篇集 歴史ミステリー編

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/