鸚鵡楼の惨劇

鸚鵡楼の惨劇

真梨幸子

本体730円 + 税

読む

内容紹介

“イヤミスの女王”の最も危険なサスペンス。

 1962年、西新宿。十二社の花街に建つ洋館「鸚鵡楼」で惨殺事件が発生する。しかし、その記録は闇の中に葬られた。
 時は流れて、バブル全盛の1991年。鸚鵡楼の跡地に建った超高級マンション「ベルヴェデーレ・パロット」でセレブライフを送る人気エッセイストの蜂塚沙保里は、強い恐怖にとらわれていた。「私は将来、息子に殺される」——それは、沙保里の人生唯一の“汚点”とも言える男の呪縛だった。
 そして嵐の夜、セレブママたちが集うチャリティ・バザーの最中に、第二の惨劇が幕を開ける。
 2013年まで半世紀にわたり、因縁の地で繰り返し起きる忌まわしき事件。その全貌が明らかになる時、かつてない驚愕と戦慄に襲われる!! 
 大ベストセラー『殺人鬼フジコの衝動』をはじめ、“イヤミスの女王”として女性を中心に熱狂的な支持を受ける著者が放った、最も危険なミステリー。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 終わりからの旅(上) ジゼル かすてぃら ひなた弁当 夢幻∞シリーズ つくもの厄介8 白粉婆 クラシック リバイバル 女人追憶6 クラシック リバイバル 女人追憶10 猫町くんと猫と黒猫 でんでら国 下 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ30 そして、婚活フィリピーナ かみがかり 後宮の巫女は妃にならない 美しさは罪ですか? 冬に子供が生まれる P+D BOOKS 私生活 ハッチとマーロウ 宮尾登美子 電子全集3『鬼龍院花子の生涯/楊梅の熟れる頃』

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/