花舞う里

花舞う里

古内一絵

本体750円 + 税

読む

内容紹介

心の居場所を探す少年の伝承と再生の物語。

 親友が事故で亡くなったのは自分のせい、と自らを責め、心を閉ざしてしまった中学2年の杉本潤。母と一緒に、東京から逃げるように母の故郷の愛知県奥三河・澄川へと引っ越す。そこはコンビニもファストフードの店もないど田舎だが、700年の歴史を持つ「花祭り」という神事、伝統芸能が根付く山深い地域だった。
奥三河にある10を超す集落が各々に伝わる「花祭り」を大切に守っているが、どこも少子化と過疎化の問題は深刻。潤の新たなクラスメイトもたったの3人で、潤の転入によって久しぶりに集落の中学生だけで少年の舞である「三つ舞」ができると皆が期待する。しかし、人との関わりを極力避けたい潤には煩わしさしかない。
 “親友を失った自分が、「神」に捧げる神楽だなんて——”。
祭りへの参加を拒否する潤。だが次第に、周囲の人々の心にも巣食う悩みや悲しみ、この世の不条理さを知るようになる。
守るべき伝統と、受け入れざるを得ない変化。少年の心の成長と、「今」を懸命に生きる人々を描く、美しくて愛おしい再生の物語。
解説は中江有里。

同じジャンルの書籍から探す

宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』 ちゃんぽん食べたかっ! 下 口中医桂助事件帖14 恋文の樹 P+D BOOKS 強力伝 〜二十世紀最後の職人の魂〜 わさお 上流階級 富久丸百貨店外商部 II P+D BOOKS 死者におくる花束はない 銀しゃり 新装版 殻割る音 えんま様の忙しい49日間 光る藤の頃 死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年 突きの鬼一 雪崩 桜の木の見える場所 始まりの木 鱗姫 中上健次 電子全集1 『紀州熊野サーガ1 竹原秋幸三部作』

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 4/20 火曜日
  • 奥会津最後のマタギ ~自然との共生を目指す山の番人~/滝田誠一郎
  • 二平方メートルの世界で/前田海音、はたこうしろう

2021 4/21 水曜日
  • 春のウサギ/ケヴィン・ヘンクス、原田勝、大澤聡子

2021 4/23 金曜日
  • ドラえもん社会ワールド 憲法って何だろう/藤子・F・不二雄、藤子プロ、東京弁護士会
  • ドラえもん社会ワールド 古代文明のひみつ/藤子・F・不二雄、藤子プロ、青山和夫
  • ドラえもん社会ワールド 政治のしくみ/藤子・F・不二雄、藤子プロ、鈴木寛
  • ドラえもん社会ワールド 世界の地理とくらし/藤子・F・不二雄、藤子プロ、深澤英雄
  • ドラえもん社会ワールド なぜ?どうして? 日本の歴史/藤子・F・不二雄、藤子プロ、深澤英雄
  • ドラえもん社会ワールド 日本の地理とくらし/藤子・F・不二雄、藤子プロ、進学教室 浜学園
  • ちゃぶ台ごはん/瀬尾幸子
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『情事の会議室』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 宇能鴻一郎『濡れて立つ』/宇能鴻一郎
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『教えて下さい』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『黒薔薇夫人』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『熟れ肌の香り』/睦月影郎
  • 「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本 ~60のケーススタディで自己肯定感が高くなる~/加藤隆行
  • 義士切腹 ~忠臣蔵の姫 阿久利~/佐々木裕一
  • 緑陰深きところ/遠田潤子
  • 臨床の砦/夏川草介
  • 小学館ジュニア文庫 人間回収車~転落の闇路~/後藤リウ、泉道亜紀
  • マンガ家がやってみた「朝5時起きが習慣になる5時間快眠法」/ナオダツボコ、坪田聡