山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳 電子全集15 1970〜1971年『人殺し』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

『人殺し』、『血涙十番勝負』、『けっぱり先生』等、1970〜1971年に書かれた小説、エッセイ等87作品収録。

収録作品は、小説「小説将棋必勝法 八段二上達也」(「小説現代」1970月1月号)から、「どこ吹く風 19(完)長い道」(「小説新潮」1971年12月号)まで、1970〜1971年に発表された小説、エッセイ等87作品を初出掲載順に収録。

1970年から1971年にかけての山口瞳は、「男性自身」シリーズの週刊誌連載のほかに、長篇小説『人殺し』の文芸誌連載と『けっぱり先生』の新聞連載、紀行エッセイの『なんじゃもんじゃ』、『血涙十番勝負』の連載、短篇小説『どこ吹く風』に連作連載のほか対談や座談会、さらに、年2回の「小説現代」新人賞の選考委員会という壮絶な流行作家の生活を送っている。

この時期の重要な作品の一つ『人殺し』は、安穏な生活を望む、中年の作家・井崎と、精神的な病を持つその妻・道子、そして、美貌ゆえに当たり前の女の生き方ができないホステス・瑛子という三人の主な登場人物を巡っての心理劇というような物語。1969年11〜12月にかけての京都入院中に構想が練られ、「文學界」に15回にわたって掲載された山口瞳にとって、はじめての純文学誌での連載であった。

さらに、プロ棋士との対局の自戦記を小説として描いた異色のシリーズ『山口瞳血涙十番勝負』は、作家が書いた将棋本の最高峰ともいえる作品。第15回巻では第一番から第八番までの“名勝負”が収録されている。
付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(15)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

ステーション・イレブン 海が見える家 逆風 立原正秋 電子全集21 『女の部屋 作家の分身・更級』 山口瞳 電子全集7『男性自身 VII 1988〜1991年』 長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖2 決意 あやかし姫の良縁 国家と犯罪 福永武彦 電子全集5 実験の展開、『廢市』、そして『告別』。 山口瞳 電子全集17 1974〜1975年『礼儀作法入門』 左京区桃栗坂上ル 中上健次 電子全集2 『紀州熊野サーガ2 オリュウノオバと中本の一統』 山下洋輔の文字化け日記 前田義子の迷わない強運哲学 相棒 ―劇場版― いじめ14歳のMessage P+D BOOKS 魔界水滸伝 5

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 5/25 水曜日
  • 山下裕二 壇蜜 私を美術館に連れてって ~いつでも鑑賞できるミュージアム~/山下裕二、壇蜜

2022 5/26 木曜日
  • アンキロサウルスのマズ/ジョニー・ダドル、たなかあきこ
  • ブラキオサウルスのビル/ジョニー・ダドル、たなかあきこ

2022 5/27 金曜日
  • それいゆ文庫 後宮まじない珈琲店 ~新入り妃、猫アタマ皇帝の謎に挑む~/遊森謡子、雀葵蘭
  • それいゆ文庫 秘密。そして、それから/泉住怜那、セカイメグル
  • 華麗なる探偵アリス&ペンギン ペンギン・ウォンテッド!/南房秀久、あるや
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 世紀末の魔術師/水稀しま、青山剛昌、古内一成
  • 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-秋の陣/伊豆平成、高瀬志帆
  • 宙ごはん/町田そのこ
  • がんばるが1割/おちまさと
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第10巻 高橋たか子 小説5『亡命者』ほか/高橋たか子