山口瞳 電子全集18  1976〜1977年『迷惑旅行』

山口瞳 電子全集18 1976〜1977年『迷惑旅行』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

ドスト氏との紀行文第3弾『迷惑旅行』、初の随筆集『旦那の意見』等、1976〜1977年に書かれた作品102作品収録。

収録作品は、小説「輪の中」(「群像」1976年1月号)から、エッセイ「迷惑旅行9 知多半島、篠島、大夕焼」(小説新潮1977年12月号)まで、1974〜1975年に発表された小説、エッセイ等102作品を初出掲載順に収録。

1976年7月、首相だった田中角栄が逮捕されたことを受けて、山口瞳は「中央公論」10月号に、「下駄と背広——私小説的田中角栄論」を寄稿した。この中で、「田中角栄の履歴は私の父とよく似ている」と、生涯和解することのなかった父親・山口正雄のことを、田中角栄と重ねて書いた、この「私小説的田中角栄論」は、後年、長篇小説『家族(ファミリー)』として結実する。山口瞳は、この「下駄と背広」を芯にして、最初の随筆集『旦那の意見』を刊行する。「文学寄り、文壇寄り、という、いわば、小説家の随筆集を出してもらうのは、これが初めてのことになる。」(同書あとがきより)

一方、“盟友”ドスト氏との紀行文『迷惑旅行』。このシリーズの最終回は、「父祖の地佐賀、塩田町久間冬野」(第19巻に収録)と題して、「五十一歳にして、はじめて訪れた父祖の地」である塩田町への訪問のことが書かれている。この時期、山口瞳は一族の秘密を暴かなくてはならないということに苦悩しながら、しかし、小説家としての本能に衝き動かされるように、書き下ろし長篇小説を準備するという「衝撃に向かって突き進んで」いくのだった。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(18)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

独裁者ですが、なにか? 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン19 ユラト ヒロコ ウルトラの女神誕生物語 P+D BOOKS 記憶の断片 ダレン・シャン5 バンパイアの試練 おばさん探偵 ミス・メープル P+D BOOKS 夢の浮橋 貧格ニッポン新記録(小学館101新書) 陪審員C−2の情事 夢幻∞シリーズ 修繕あかしの思い出巡り7 鏡蠹の理 正直な娘 師匠、御乱心! 色いろ花骨牌 ぼくたちと駐在さんの700日戦争13 福永武彦 電子全集2 『小説風土』、ロマンの創造。 P+D BOOKS 北京のこども

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 6/27 月曜日
  • 週刊ポストsepia 昭和のカリスマ 128の名言/週刊ポスト編集部

2022 6/28 火曜日
  • 声をたどれば/若松真平

2022 6/29 水曜日
  • 日本はこうしてつくられた2 ~鎌倉殿と北条一族 歴史は辺境から始まる~/安部龍太郎

2022 6/30 木曜日
  • 宇宙食になったサバ缶/小坂康之、別司芳子
  • Saunner 2022/ダイム編集室
  • 自分を好きになれない君へ(小学館YouthBooks)/野口嘉則
  • 女性セブンムック 介護読本Part2 ~人生100年時代 親・家族・自分のことをみんなで考える~/女性セブン編集部
  • WOWファクター ~心の中の平和のとりで~/山本・リシャール登眞

2022 7/1 金曜日
  • 学習まんが 世界名作館 ガリバー旅行記/ジョナサン・スウィフト、千葉きよかず
  • 学習まんが 世界名作館 クリスマス・キャロル/チャールズ・ディケンズ、小林たつよし
  • 学習まんが 世界名作館 十五少年漂流記/ジュール・ヴェルヌ、大谷じろう
  • 子どもが対話する保育「サークルタイム」のすすめ/大豆生田啓友、豪田トモ