山口瞳 電子全集18  1976〜1977年『迷惑旅行』

山口瞳 電子全集18 1976〜1977年『迷惑旅行』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

ドスト氏との紀行文第3弾『迷惑旅行』、初の随筆集『旦那の意見』等、1976〜1977年に書かれた作品102作品収録。

収録作品は、小説「輪の中」(「群像」1976年1月号)から、エッセイ「迷惑旅行9 知多半島、篠島、大夕焼」(小説新潮1977年12月号)まで、1974〜1975年に発表された小説、エッセイ等102作品を初出掲載順に収録。

1976年7月、首相だった田中角栄が逮捕されたことを受けて、山口瞳は「中央公論」10月号に、「下駄と背広——私小説的田中角栄論」を寄稿した。この中で、「田中角栄の履歴は私の父とよく似ている」と、生涯和解することのなかった父親・山口正雄のことを、田中角栄と重ねて書いた、この「私小説的田中角栄論」は、後年、長篇小説『家族(ファミリー)』として結実する。山口瞳は、この「下駄と背広」を芯にして、最初の随筆集『旦那の意見』を刊行する。「文学寄り、文壇寄り、という、いわば、小説家の随筆集を出してもらうのは、これが初めてのことになる。」(同書あとがきより)

一方、“盟友”ドスト氏との紀行文『迷惑旅行』。このシリーズの最終回は、「父祖の地佐賀、塩田町久間冬野」(第19巻に収録)と題して、「五十一歳にして、はじめて訪れた父祖の地」である塩田町への訪問のことが書かれている。この時期、山口瞳は一族の秘密を暴かなくてはならないということに苦悩しながら、しかし、小説家としての本能に衝き動かされるように、書き下ろし長篇小説を準備するという「衝撃に向かって突き進んで」いくのだった。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(18)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 旧約聖書入門 ―光と愛を求めて 小学館ジュニア文庫 ホルンペッター 銀しゃり 新装版 青いリボン 虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 中年前夜 P+D BOOKS 噺のまくら おろち olochi, super remix ver. 夢幻∞シリーズ 修繕あかしの思い出巡り1 乳母の涙 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ25 妹3 九十九神曼荼羅シリーズ まなざしの街3 黒星ヒットマン 小説 俺はまだ本気出してないだけ 王と后 (三) それは誰が罪 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ20 ジャッキー 二重拘束のアリア〜賞金稼ぎスリーサム!〜 栗本薫・中島梓傑作電子全集11 [終わりのないラブソングI]

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/