庄野潤三電子全集 第4巻 1961〜1963年 「浮き燈台」ほか

庄野潤三電子全集 第4巻 1961〜1963年 「浮き燈台」ほか

庄野潤三

本体2500円 + 税

読む

内容紹介

小説創作の苦しみの果てに生まれた作品「道」や、長編『浮き燈台』『つむぎ唄』を中心に1961年から1963年に発表された14編を初出順に収録。

米国留学の帰国後、雑誌「群像」の一挙掲載企画に“第三の新人”吉行淳之介、安岡章太郎らが力作を発表するなか、これまで短編作品中心だった庄野も長編作品に挑むこととなるが、苦心続きでスランプ状態に陥る。そんな中、先輩作家・佐藤春夫より「考え込まずに、ともかく書き出せ」との助言を受け発表したのが「静物」(電子全集3巻収録)だった。
次に、テーマを“外に素材を求めた”作品として、「静物」より先に取り組んでいた「道」を完成させる。「道」は後に須賀敦子翻訳でイタリア語版が出ることとなる。
その後、“外に素材を求めた聞き書き”ものとして長編『浮き燈台』が新潮社の「純文学書き下ろし特別作品」シリーズと一作として発表された。
さらに、単行本『道』収録の「マッキー農園」「二つの家族」、『鳥』収録の「雷鳴」「薪小屋」「日ざかり」「鳥」、『休みのあくる日』収録の「花」「橇」に、「グランド・キャニオン」「石垣いちご」を加え、1962年8月から1年間「芸術生活」に連載された『つむぎ唄』も収録する。
解題は監修を務める日本文学研究者・上坪裕介氏が担当。付録として「道」創作のために1959年京都取材旅行時に妻・千壽子に宛てた書簡等を収録。

同じジャンルの書籍から探す

えんま様の忙しい49日間 相棒 ―劇場版2― 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 緋色の弾丸 架空OL日記 1 1フランの月 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖66 異形の群(下) P+D BOOKS 江戸散歩(下) 僕の耳に響く君の小説 P+D BOOKS 孤絶 九十九神曼荼羅シリーズ ハンプティ・ダンプティ 長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖1 憧憬 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 服部平次セレクション 浪速の名探偵 色川武大・阿佐田哲也 電子全集18 阿佐田哲也異色小説群『小説・麻雀新選組』ほか チーム!下 ナゾトキ・ジパング 脱・限界集落株式会社

次回配信の予定

2024 5/22 水曜日
  • 葬られた本の守り人/ブリアンナ・ラバスキス、高橋尚子
  • ドラえもん学びワールドspecial みんなのためのアート入門/藤子・F・不二雄

2024 5/24 金曜日
  • サメにゃん/ぢゅの
  • 小学館ジュニア文庫 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-不屈の熱戦/伊豆平成、高瀬志帆
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 服部平次セレクション 浪速の相棒/酒井匙、青山剛昌
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/